Monthly Archives: 7月 2011

地デジ化で・・・

とうとう地デジに完全移行されましたね。
自宅や会社は(重い腰を上げ、遅ればせながら、ようやく)地デジ化したので、問題なかったのですが、お世話になっている方のテレビ視聴環境を「地デジ化」すべく、奮闘しました。まず、骨董品級のテレビを年代ものレベルに取替え(一度も見ていないというビデオデッキには昭和天皇のお葬式が録画されているとか・・・23年前!?)、地デジチューナーを取り付け(品薄というより完売状態のなか手に入れた貴重品!?)、この間、「デジサポ」とやらに問い合わせするも、全く役タタズ・・・、昨日の設定では、地デジ電波を拾ってくれず「砂嵐」を眺めていただくこと半日・・・今朝 アンテナのブースターを取替、ようやく「地デジ化」完了しました。「地デジ難民」半日で済んでほっと一息。
5階建ビルの4階にお住まいで、屋上行ったり、テレビ持ったり降ろしたり・・・腰にきました。会社やこの方の地デジ化に関わったことで、アンテナ・電波に強くはなりましたが、痛い・・・。見事なぎっくり腰。

注:ぎっくり腰と地デジに因果関係は無く、気持ち>筋肉 私が衰えていたんです。
ほっとしながらひやっとしてます。
「地デジ難民」の方 結構いると思います。どうします?デジサポさん。

リフォーム前後

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     さて 何が変わったのでしょう?

1:和室を洋間にしました
2:部屋の間仕切りを撤去しました
3:キッチンの壁を撤去しました
◎お客様のご希望を実現しました!

言うのは簡単、やるのは大変!? 
出来ないコトは「無理です」と言いますが(今回はマンションのリフォームなので、制約も多いんです)、リフォーム後のくらしの為に 実現させましたヨ。お客様も喜んでいただけています&私もうれしいっ!

枝豆

近頃はスーパーでも枝付の枝豆が売られていますが、この枝豆を見るとお客様である「お母さん」を想い出します。

このお客様との出会い1年程前。「お母さん」が電動カーで楽に外出できるように、娘さんからエクステリアリフォームの依頼を頂いたのがはじまり。お打ち合わせが終わって、工事はお庭の枝豆の収穫を終えてからということに。完成後、便利に外出していただいていました。が、再びの工事のご依頼は、バリアフリー改修でした。「お母さん」が骨折されて、家の中を安心して移動できるように。お打ち合わせや、書類のお届け時など、「お母さん」といろいろお話しました。お約束して伺ったのに、インターホンの反応もなく、テレビの音はするけれど・・・心配になって部屋まで駆け入ったこともありました。闘病のこと、ご家族のこと、生き方を学ばせていただきました。

前日まで、シャワーを浴び、トイレにもいき、ご自分で夕食も召し上がったそうです。ご家族に囲まれて亡くなられました。死に方まで示してくださったようです。生前の「お母さん」によると、「山田さんに1時間、話を聞いてもらって」いたそうです。最後にお会いした際、玄関先での立ち話で「ゆっくりしてもらえなくて」と気にしてくださっていたとも。温かいお人柄の「お母さん」でした。枝豆で思い出されても「お母さん」うれしくないでしょうけど・・・と、娘さんと2時間以上お話していたでしょうか。

出会いがあれば別れがある とはよく聞きます。出会いばかりで別れは無いほうがよいのかもしれませんが、「お母さん」とのご縁に感謝。ありがとうございました。手をあわせてきました。

Pure White !?

数年前の癌検診で「グレー」要観察だったのを、放置したまま。年明け、再びひっかっかた「グレー」判定は精密検査までしたのですが、その後、気にもしていなくて。ようやく聞いた5月に受けた検査結果が、なんとっ「白」=異常なし。どういうことですか?見事に潔白なのに、なんだか疑わしい。1:正常、5:癌という5段階の「3」が3ヶ月程で「1:正常」に。疑念が晴れず、再検査をお願いしたらしぶしぶ?来月再検査することになりました。

さて、何がよかったのか?
最近は1日1食という日が増え、よろしくないのですが、確かに日々の栄養に気をつけていました。「血液検査の値に応じて、足りない栄養素をサプリメントで補う」とか。「栄養素を大量に消費するアルコールを控える(※禁酒じゃないのよね)」とか。年の初めに宣言した『今年は「わたし」充実年にする!』に基づいた計画?を粛々と実行していました。これがよかったかはさておき、気をひきしめて?初志貫徹!
サプリメントじゃなく食事でしっかり栄養がとれれば尚良いのですが。

すでに頓挫した計画も、実はあるのです。
今年こそは1級建築士!は来年に・・・。

この他 初志貫徹できそうにない事柄も・・・思い通りにはなりませぬ。
が、「意思あるところに道がある」でいきましょう。

涼を求めて!?


今日も暑いですね~。
あまりの暑さにMy Bag達が水あびしてます・・・ペンキが鞄にどろ~っとペイント
仕方なくなのです・・・。

唐獅子牡丹


お茶の青年部の研修で棗(お抹茶を入れる物)に絵付けしました。予め考えておいた下絵を基に漆で線を描いて(ぼってり重くて載せていく感じ)、その上から銀の粉をのせてもらう。ここから後の作業はお任せして出来上がりを待つのみ。完成品が手元に届いたら また紹介しますねっ。

山中温泉にある「無限庵」で塗師 前端雅峯先生にお世話していただいたのですが、「無限庵」も素晴らしい建物でした。「豊公朱」と「天見杉」で作られた茶杓、温かいおもてなし共にありがとうございました。

<唐獅子牡丹>
蓋に描いたのが牡丹。(牡丹唐草模様)胴には唐獅子。百花の王牡丹と百獣の王獅子の組み合わせです。牡丹の夜露が唐獅子が唯一恐れる唐獅子自身の虫を落としてくれるので、唐獅子にとって牡丹の下は心安らぐ場所。禅語では「あなたにとって、依所となる安住の地は何処ですか。」という問いかけの意味もあるのだとか。私にとって・・・答えが出ているようでたどり着けない。永遠の問いかけです。

※高倉健さんの「昭和残侠伝 唐獅子牡丹」に憧れてということではありません。あしからず。

七夕

涙して 空より見てる
いつかまた 逢えるといいな 雨の七夕

優先順位

ここ数日、朝晩は爽やかな風が気持ちよく感じます。
月曜日から始まった工事が2件あって意気揚々と現場通い・・・思い出しました。前言撤回 毎日暑いです。
暑さのせいか?性格か?お昼ごはんの順位が著しく低下してます。
社内で仕事しているときは、出かけるのが面倒くさくて なし。
来客予定の日は、昼食の時間調整する気がおきず なし。
食べない理由はどんどん沸いてでてくるので、一向に順位があがらず なし。
調子が悪くて・・・ということでもないのでご心配なく。空腹を感じる間もないほど物事に没頭しているというか、元気です!が、よろしくない 仕事>気分>お昼ごはん の図式を打破すべく食べた今日のお昼は「カレー」

明日もお昼食べるかな?

パワーアップ!

暑い日が続きますね。体調崩してませんか?
肉体労働の方々 気をつけてください。
お部屋にいる方々 ご年配の方 節電も大切です。身体はもっと大切です。無理をしないでください。

お気づきの方 素晴らしいデス!
何がって
「窓から住まいを考える」という窓専門のサイトも運営しているのですが、その書き込み頻度がUP。書き込み内容もグレードUPしました。
なぜかって
社長の山田が書き込みを始めたからです。
ぜひ 覗いてみてくださいね。


http://www.mado-plaza.com/

「窓から住まいを考える」は事務の伊東と社長におまかせしているので、私は会社のサイトのリニューアルに取り組んでいます。骨組は出来上がったので、これから肉付け。乞うご期待!