Monthly Archives: 1月 2014

スパイスカレー三昧

未だ覚めやらぬスパイスカレー熱。
これでもかと買い揃えたスパイス類を・・・・私的には「ご機嫌な香り」も、玄関を開けた途端に漂う異国情緒満載のスパイス臭が不評で・・・もてあまし・・・結局、インドカレー屋さんをローテーションする日々。
本巣市のお客様のところへ初めて伺った今日、「この信号右折3分」というインドカレーの看板を見付けてしまい、もちろん本日のカレー屋さんはここでしょう。と、今日もカレー。
お店によっても、選ぶカレーによっても味が違うし、当分飽きることなく続く気がするMyブーム・・・残すことなく食べてしまうナンが・・・確実に私の身についている。
ぷよぷよボディーでごめんなちゃい。チャイもカレーと共に毎度必須です。

誰に謝ってる・・・トレーナー?エステシャン?いえいえ自分に。身につけるなら、お勉強内容を・・・反省しきりな月末。

ちょっとだけ

ちょっとだけ  言いたい。

ちょっとだけ  毎月引き落としでしている寄付に対して、「ご支援ありがとうごございます」文章と「オリジナルステッカー」が届いた。ぜひとも、ステッカーの製作・郵送費用を、人道支援にあてて頂きたい。
ちょっとだけ  確定申告で(寄付した分)お金が戻ってくるらしい。諸経費もろもろ差し引かれ、実際に支援に使われているだろう金額より、還付される額のほうが多い、気がする。微小なりとも人々に役立っているだろうし、戻ってくるお金の出所は別なので、関係ないハナシだけど、オカシナ気分。

ちょっとだけ  の寄付で、たくさんグチってしまう。このへんでやめておこう。

サバを読む・・・?

先日の「たい焼き」の内容 妹からの指摘『子ども達の年齢がそれぞれ1才違う、幼い』と。中2・中1の女の子、小2・年長の男の子、が正しい。1才の女の子だけは、さすがに合っていました。(私にとっても、ご覧の皆様にとっても、影響ないことですが・・・)訂正しておきますね。
年齢といえば、何かと気になる微妙なお年頃。サバを読むつもりはないのですが、自分の年齢はず~っつと足踏みしたまま。妹達の年齢を聞いて「え~っ、もうそんな歳なの?」と、驚き「おねーちゃん、私より(3つ)7つ上だからね。」で、さらに驚くという、コミカル状態。

数字をごまかす意味として江戸時代から使われているらしい「サバを読む」何気に使っていますが、サバって・・・なに?の回答。魚市場で、痛みやすく大量の鯖を素早く数える際、実際の数と合わないことも多々あったことが語源で、サバは鯖。実際の数値より小さく言うのは「逆サバ」というらしい。

私の「逆サバ」 -10歳を目指しております。

たい焼き


中1・小6の姪がカスタードクリームとココア生地を作り、小1と年中の甥が卵を割り、1才の姪が生地を捏ね・・・ボクがやるっ、ワタチもやるっ・・・1回で出来上がるたい焼きは2個・・・なにをやるにも賑やか。静かになって(お腹いっぱいになって)ようやく、たい焼きの記念撮影です。

たい焼きの中身は、小豆餡・カスタードクリーム・チョコのおやつ系と、ウインナー・卵サラダ、ハム、チーズトリオのおかず系。もちろん!?使った卵は大寒たまご。「美味しかった」と言いたいところですが、1個も食べていないことに気づいた叔母ばかなたい焼き。

地盤調査


地盤調査 ボーリング 標準貫入試験 しています。
ハンマー(63.5±0.5㎏)の落下高は76±1cm 打撃数は50回を限度とし、その時の累計貫入量を測定します。貫入試験(N値の測定)とともに土層の判定を行うことができます。( ←試験勉強的な説明です。)私的に気になるのは、昭和初期の香り漂う原始的な機械・・・歴史遺産に登録モノです。

10・11mのところが少し良くて、まだまだ続くシルトの軟弱地盤。

16mで、砂礫の硬い地盤が出現。もう少し掘り下げて調査します。

住まいのバリアフリーセミナー

住まいのバリアフリーセミナー -備える・支える・ケアする- 名古屋のTOTOにて参加してきました。

実際に車イスを使って、トイレや洗面、空間の広さを確認しましたが、「車イスとトイレ」難しい課題です。車イスでトイレに移動するのはクリアできても、車イスから便器に移って(下着をずらして)、また車イスに戻る一連動作が、介助する人のスペースが、どこまで確保できるのかが問題です。「将来車イスになったとしても使えるトイレにしたい」という「備える」場合は、トイレと他の部屋との大きさバランスも大切だと思います。さて、どうしたものかな。
セミナー中、これまでのバリアフリー改修工事が思い浮かびました。そのひとつ「車イスとトイレ」の問題をクリアして、暮らしやすくなったお客様の家です。
http://www.yamada-glass.co.jp/work/643/


「高齢者体験キット」を装着した「お婆さんな私」
2名限定希望者による体験ということでしたが、やりました。もちろんっ!装着してまず感じたこと①見える景色が違う→目線が下方に集中する。 キッチンでの作業で②高い部位(吊棚や換気スイッチ)は届きにくい→動作が億劫・危ない ③常に何かに触っている→動作の際、体が不安定。支えていると楽 浴室で④浴槽に入るのが難しい→足が上がりにくい。体を支える手すり等が必要 トイレでも手すりは<使いやすい→力の入る位置に>必要です。背も高く、パワー>装着キットのお婆さんな私でも、使いにくい・バリアフリー的配慮に乏しいと感じたキッチン。背も低く体力的にも衰えた状況で、毎日、便利に安全に暮らすには、もっともっと工夫する必要がありますね。よい体験になりました。

昨日の有意義な時間 はりきり過ぎた影響でしょうか・・・ プチ腰痛。疲労。

大寒たまご


大寒たまご 初めて知りました。
大寒の日に生まれた卵を食べると、健やかに暮らせる。らしい。風水的に金運がアップする。らしい。知ってしまったので(笑)、昨日生まれの卵が今日届いたので、会社メンバーに食べさせてあげようと、早速ゆで卵にしました。
給湯室クッキングですので・・・やかんを利用 あしからず。

大量の茹で卵、只今 塩水の中にダイブ中。明日以降は味付き卵でいただきま~す。

辛れーカレーで華麗に加齢対策


なんだが ぐちゃぐちゃなタイトル&ぐちゃぐちゃなカレー。

最近のMyブームはインドカレー。スパイスの効いたヤツ。
市内近辺のインド・ネパールカレー屋さんをローテーションして、毎日・毎食でも食べたい程のスパイスカレー熱。大寒の大気に冷やされ、冷めるどころかヒートアップするばかり。の、行き着いたのが「自分で作る」です。

スパイスを調べて、家にあるもの以外を調達して、勇んで帰宅したのはよいのですが、調べたレシピのメモを会社に忘れてしまい、なんとなくの気分で作った第一作。味見しながらスパイスを追加していくのも結構楽しい時間。スパイスに費用がかかりすぎて、チキンは安かったせせりにしたので、適当にしめじや豆を加えたので、私が作ったので、見た目イマイチぐちゃぐちゃですが、ちゃんとスパイスカレーです。

地鎮祭


本日はお日柄もよく・・・ 地鎮祭です。
解体工事が終わって、更地になって、静かなひとときが、私に「終わった感」を漂わせますが、がっ、ここからが始まりです。

好文木


お正月に活けた梅の蕾がふくらみ、花が咲き、よい香りを発しています。

「好文木」(こうぶんぼく) 梅の別名です。
晋の武帝が学問にはげめば梅の花が咲き、学問をやめると開かなかったという故事に由来するんだとか。学問といえば、学問の神様 天満宮は梅の紋章ですね。
梅は好きな花ですが、好文木 ますます好きになりました。

ついでに、英語では「Japanese apricot」、仏語では「abricot japonais」 日本のアンズ。日本の!って「梅」凄すぎます。

賑やかな成人式


成人式の今日。現場では解体作業のラストスパートの傍らで、ボーリング調査をしております。仮囲いの外側では、大垣市の街路樹整備も行われていました。土間コンクリートを斫る音・穴を地中に掘り進む音・木を伐採するチェーンソーの音・・・賑やかな三重奏。
祝日作業で恐縮していたのですが、市の作業と重なって1/2程 気が楽になった気がする。といっても、やかましいのが軽減されるわけではありません。
近隣の皆様 騒々しい日々が続いており、ご迷惑をおかけしております。

巷では賑やかな成人式が開かれているのでしょうか。

111

1月11日 1が並んだ。だから どーした。ってコトなのですが
最近 私テキにやたらと過去・現在・未来が気になる。の、延長で 111。

2006年1月11日 8年前 「ブログ」とやらを初めた日。
建築を学ぶ学生だった当時、なんとかどうにか卒業するためにスクーリング受講やら卒業設計やらラストスパート 躍起となっていた頃、「ブログ」の存在を知って、導入したのでした。当時の投稿記事を読み返すと、懐かしい情景が浮かんできます。システム管理も自社なので、どこか彼方に消えている投稿記事もあるのが残念ではありますが、過去・現在・未来へと細々ながら続く財産です。

自分の決めた道、専門性の高い仕事を一途に進むことで開運する人
今年の運勢は努力しただけのものを勝ち取る運

四柱推命に励まされて、初志貫徹
意志あるところに道がある で、参りましょう。

お伊勢参り

神宮へ参拝してきました。

昨年自らに言い聞かせた「腐らない・腐らない・・・」というフレーズのように、暗闇の中
アクセルを踏み伊勢へ向かう往路。一転して複路、参拝を終え握るハンドルは、渋滞であっても軽やかに、清々しい心持で大垣に戻ってきました。

心新たに新年を迎えたつもりでいましたが、自浄作用が効かなかった隅々まで清めていただいたようです。今のこの清々しさで、私が関わる全ての方に出来得ることを精一杯していく1年。私が出来ることを増やす努力を惜しまない1年。1年後が楽しみなお伊勢参り後の今の気持ち。

新年

あけましておめでとうございます。
お客様に喜んで頂けるよう、昨年よりも今年がより喜びあふれる年となるよう、努めてまいります。叱咤激励ご指導の程 宜しくお願いいたします。

新年 早々お茶を一服。
皆様に届きますように一福。

今年も、このブログをご覧頂きましてありがとうございます。