Monthly Archives: 3月 2014

地域猫

猫が愛おしくてたまらない 猫派 猫好きな方ってたくさんいらっしゃいますよね。猫ちゃんと楽しく暮らすためにリフォーム工事内容に工夫をすることもあります。
子供の頃から犬と戯れて育った私は犬派。というより、犬の可愛さしか知らなかったのですが、両親が初めて飼っている猫のしょうた君をみていると、猫ちゃんの行動にすっかり癒されちゃってます。これ以上体に傷が増えないように注意しながらジャレてます。

猫派になった!?私の始めてワードが「地域猫」
環境省の「住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン」によると
『地域の理解と協力を得て、地域住民の認知と合意が得られている、特定の飼い主のいない猫。その地域にあった方法で、飼育管理者を明確にし、飼育する対象の猫を把握するとともに、フードやふん尿の管理、不妊去勢手術の徹底、周辺美化など地域のルールに基づいて適切に飼育管理し、これ以上数を増やさず、一代限りの生を全うさせる猫を指します。』
『TNR活動は、地域猫活動の基本となる考え方で、飼い主のいない猫の繁殖を抑え、自然淘汰で数を減らしていくことを目的に、捕獲(Trap)し、不妊去勢手術(Neuter)を施して元のテリトリーに戻す(Return)活動のことです。』

週末の研究室仲間(松浦研)とのランチ会で、友人が「豊田 地域猫の会」に参加していることを知って気になった「地域猫」。猫好きな方も多いので、紹介させていただきました。

おまけ
2000年、卒業して初めての研究室旅行。
渡すつもりで現像したまま14年程熟成されていたんですって。
変わらない・・・変わった・・・
楽しい会話が弾みました。
懐かしい写真ありがとう。

酔う

週末、ほろ酔い女子会で立ち寄った名古屋駅に、人が多いことにびっくりしました。金の時計の待ち合わせスポットなんて、人人人・・・歓談の声声声・・・ぐらぐら頭が揺れそう感覚に襲われました。
同じく週末、朝の開店間際のドラックストアにも、人人人・・・買い物かごには物物物・・・「増税」に背中を押され、人と物がどど~っと動いていました。
人に酔いしれた週末。

大垣市内の桜は8分咲きかな。昨日の激しい雨の中、桜はぽっぽっと蕾をひらき咲いていたのですね。桜に・花見に・酔う時期到来です。

ぽつり

桜がちらほら
まだ固いつぼみも多い中、ぽつぽつ咲き始めていました。
ずいぶん暖かくなりましたものね。

満開の桜も もちろん素敵ですが、ひとつふたつ咲きはじめたばかりだと、じっくり個々の花を愛でることができて(面白い!?理科の観察のよう・・・・)いいですね。

大きくなった・・・

(実は)大手鍵メーカーである美和ロックのSD(サービス代行)店でもある当社。注文された子鍵の引き取りで来社されるお客様もいらっしゃるのですが、今日のお客様は以前、リフォーム工事をされた同世代の方でした。

工事中「ママはヤマダさんのこと好きなの?」とかわいい質問をしていた幼稚園年中の男の子と、おむつをしていた女の子は、4月から小学校4年生、1年生だという。大きくなったなぁ~。懐かしい話や近況に話の花が咲き、お互いに「変わらないですね~」と言い合ってみたものの、子どもの成長した姿を見ると、年も取るハズ・・・・と素直に認めてしまいます。

今日が終了式の学校が多いようで、明日から春休み。
大きくなった子ども達に会いに各家庭を巡回でもしようかなぁ。そんな時間はありませんが、そんな気分。

難題

天井からぽたぽたと
水が滴るというので・・・
この開口をするりと行くには
私でしょう・・・。
スリムですから。
平ペッタイですから・・・。

水の通り道は確認できましたが
どこから進入してきたのやら。
水は正直ですが、
素直すぎて難しい・・・。

雨漏りの3原則
1:水があること
2:隙間があること
3:水を押し込む圧(毛細管現象含)があること
わかっちゃいるけど
見つけられない・・・。

晴れたら
外部の状況を確認してこよう。

そうしよう。

水もしたたるイイ女ではなく、叩けばホコリの出る女になりました・・・。

再開× 再会○

足踏みどころか、1歩進んで2歩下がる?とにかくちっとも進んでいない工事です。
「私の家ではないけれど、家族のようなお客様のために・・・」が私の信条ですが、「お前の家じゃない」と一喝されると「はい。ごもっとも」お手上げですね。一喝されなくても勝手にお手上げ状態なもの・・・お勉強。工事進捗と歩みをあわせているかのようにここ1ヶ月ちっとも進んでいない。困ったもんです。
永遠のお別れかと思われた杭。
工事再開と行きたいところですが、再会だけ・・・。

駆け込み!

増税前の駆け込み・・・
XPサポート切れ前の駆け込み・・・

週末から、ひとり猛烈に品定めをし購入してます。
コピー用紙なんてかわいい部類。サーバー用のコンピュータに、各人用のコンピュータに、それぞれにインストールするソフトに・・・ストレス発散にはもってこい!?←今だけですから・・・ブツが届いてからは、XPからのお引越し・ソフトのインストール・LAN等各種設定×台数分・・・孤独な作業が待ち構えておりまする。ひゅる ひゅる る。

つくし

土筆の群生・・・圧巻!
つくしを採っているという甥や姪に誘われて、養老に寄り道。穂先の硬いものを一握り 今晩のつまみに・・・。卵とじか天ぷらか 迷うなぁ・・・。

北斎

名古屋ボストン美術館で開催されている「北斎展」
あさって23日迄なのを知って、慌てて観てきました。有名な「冨嶽三十六景」の他に、「諸国滝巡り」では養老の滝が描かれていたり、晩年名古屋での滞在中の作品が「北斎漫画」であったり、身近に感じる作品も多くありました。北斎の90歳で亡くなるまで挑戦し続ける画業や、大胆な構図・核心的な図法も魅力的でした。作品の大半が錦絵と言われる多色刷りの木版画ですが、その線の細やかなこと。職人の技術の高さを見せしめています。日本の芸術文化が海外の収集家によって整理保存され我々の目にすることができるのは喜ばしいことですが少々複雑な気分も。なにはともあれ見れてよかった。

今日は「春分」ということで、春つながり・・・
浮世絵といえば「春画」も含まれますが、この「春画」。ただのエロ本だと侮ってはいけないのです。イギリスの大英博物館では「春画 – 日本美術における性とたのしみ(Shunga sex and pleasure in Japanese art)」としてアートとして取り上げられ、北斎の「蛸と海女」も展示されました。もちろん!?名古屋では(日本では)展示されていません。先人の築いてきた文化芸術を胸を張って説明できる日本でありたいと思う。のは私だけ?頬を?真っ赤に染めているだけではいけません・・・。

季節を先取り

リフォームギャラリーで、豆を挽いてサイフォンで淹れているコーヒー。美味しいので好評です。←自信を持って自慢っ!美味しいので自分用に淹れてたりもするんですが、それが写真の一杯。
今日、雨に濡れても、冬のように冷たく感じませんでした。
季節は冬から春へ移っていますね。外の桜はまだ蕾ですが、満開の桜に包まれたコーヒー。一足早い桜を愛でに・・・リフォーム ギャラリーへお気軽にお寄りください。

※美味しいコーヒーご希望の方は、ご予約いただくと確実です。

サッシメーカーがまじめに作った

レタス
少し前からスーパーに陳列されているのは横目に入っていたのですが、近づいて見てびっくり!
『サッシメーカーがまじめに作った野菜です!』 三協立山アルミ
2011年に遊休資産活用の一環として始めた水耕栽培を、2013年には旧資材倉庫を利用したLED型植物工場を新設し、2月より小売に出荷しているんだとか。
もちろん早速購入。焼いた肉に巻いて食べました。シャキシャキした「フリルアイス」、軟らかい「ハイウッドレタス」、甘みのある「ロメインレタス」・・・レタスにもいろいろあるんですね。「ゴジラ」というレタスも世の中にはあるようで、へぇ~です。私はほうれん草のようなロメインレタスが好みでした。(←この情報どうでもいいですね)

茶会

昨日から、正確には一昨昨日の夜中から、関節痛と共にどうやら熱がぐ~んと上昇しているようで、絶不調。インフルエンザではないようなので、体内でウィルスと戦っているMy細胞に「睡眠」で応戦。寒気に襲われてでも逢いたいし、茶会でおもてなしです。
大垣市郷土館での「是水会」月釜。
水指 素敵でしょ!

店員

「おばば どっこいひゃるなぁ~あぁ」口ずさみながら
業者用の建材屋に材料の買出しに行ったときの出来事。
他のお客に「あの~ すみません・・・」と、客である私に何か尋ね始められたので、
客の私は「いえ、私は・・・。(店員さんに)お客様が呼んでみえますよ~」と、橋渡し。
1時間後、商品の交換のために再度訪れた建材屋で、また、違う他のお客に店員と間違われ声をかけられた。

ショッピングモールでも店員か業者に間違われて声をかけられたり、知らない街で道を尋ねられたり、ちょいちょいあることですが。同じ店で続くと、考えてしまう。ん~、どの要素が私を店員化させているのだろう・・・。

3月より一新した当社のユニホーム(作業着)が一因かも?
正解かはさておき、ご披露もかねて!?
じゃーんっ!

おばば?


交差点で不思議な立看板を見つけてしまいました。
「おばば」って何?はてな・ハテナ・???気になるでしょ?「おばば」発祥の地って?

岐阜県の民謡「おばば」は岐阜県内のみならず 鹿児島・愛知・茨城・和歌山・島根・青森など全国各地で唄われていた。旅人が伝えた外に、揖斐川・長良川・木曽川の洪水対策として大規模な治水工事(“宝暦の治水工事”など)が行われた際、全国から“手伝普請”として動員された人夫が「おばば」を故郷に持ち帰ってはやらせた らしい。

この民謡「おばば」は、天正の頃、揖斐城主堀池備中守の姉・まさが上善明寺の春淨の許へ嫁ぎ、めでたく初男子を出産したそのお祝いとして、祝酒と笛太鼓を持って老母が嫁の在所へねぎらいに行ったことから、この唄が生まれた。・・・・・・という説が残っているらしい。

「おばば」の歌詞
お婆々どこへ行きゃるナーナーナー
お婆々どこへ行きゃるナ
三升樽さげてソーラバエ
ヒュルヒュルヒュードンドン

嫁の在所へナーナーナー
嫁の在所へナ
ささ孫抱きにソーラバエ
ヒュルヒュルヒュードンドン

「伝統的な岐阜の宴席では、締めに皆で「おばば」を歌っていた」とか、「ソーラバエ」って?とか、ますます謎が深まった「おばば」。
youtubeおばばー岐阜の座敷唄ーお時間ある方、「おばば」をご堪能くださいな。
大垣祭りの大黒軕でも祝い唄として「おばば」が披露されているそうです。今年の大垣祭の楽しみになりました。

3月11日

時が過ぎれば解決することも多いかもしれないけれど、時が過ぎて忘れてしまうことも多いかもしれないけれど、そんな類の事柄にできない 3年前の3月11日に起こったこと。

天災 人災 命が絶たれた方々 残された方々
想うと悲しくなることばかりですが、季節は巡ってくるのですね。
うららかな春の陽射しがひとときでも被災された方々の癒しになりますように。

移動映画館

雪が舞う大垣市内を移動中、目に留まった「移動映画館」なる大型バス。観る時間は無いのですが、見る時間は好奇心により捻出されましたので、寄ってみました。
大垣市では本日限りとのことでしたが、山間部や東北の被災地や様々な場所でちょっとしたゆとりと元気を届けることができる素敵な企画ですよね。
開演前の車内 いえ、館内を案内してくださいました。赤い絨毯&案内スタッフの赤いジャケットが雰囲気を醸し出しています。

そういえば、大垣市では「移動図書館」があり、小学校も巡回スポットでしたので利用していました。交通手段が限られる方向けだけではなく、地域交流の場としてもよい制度だと思っていましたが、今はやっていないようです。

環境フェスティバル

第14回環境市民フェスティバルに出展 参加していました。
働いている1割(9割食べて、他のブース見てました・・・)
人材不足?適材適所?により、私の出番となりました。(他にしたいことたくさんあったんですけど・・・涙)窓などの開口部の断熱は省エネ・二酸化炭素の排出削減に貢献します。住環境を見直すことは地球環境にもよいことです。皆様にお伝えする地域貢献活動のひとつです。
地域に貢献できたことの他にも、参加して良かったことがありました。「先生ですよね」と、教員時代の保護者さんにお声がけいただき、親さんや子ども達が活動している様子を教えていただきました。懐かしくて嬉しいひとときでした。ありがとうございました。

東京?

10年以上毎年チェックしている展示会 JAPAN SHOP。
東京 国際展示場を出る頃には 雪!びっくりでしたが、夜、大垣に戻ってきても雪でした。

今回の東京出張は 横浜で前泊。帰りも中華街経由という横浜へ行った感が強いものになりました。発見吸収してきた事柄はこれから発揮させていただくとして
出張のオマケの成果は、移動中の新幹線内が格好の「自習室」となって勉強が捗ること。気がつけば、新幹線の自習室でしかやってない。先週も東京へ行ったので なんとか勉強していることなっていますが、、、勉強するために東京行く?

囲われ中

インター営業所
職人大好きガールズ(メンバーは臼井と私)がドキドキわくわくしたのは、初日開始の一瞬だけ。バタバタと真面目に仕事しているうちに 囲われていました。職種が変わる初日だけは、仕事の手を休めよう?!
世に云う「駆け込み」です。

やっぱり3月中にきれいにしたいと思う方 ご相談に応じています。
猛ダッシュ がんばります 私。お声がけくださいね。

雛まつり

雛祭・・・オンナの子の日。なんで祝日ではないのだろう?
週末たっぷり!どっぷり!!シャンパンに浸かってましたので、体中五臓六腑がドン○○の上品な桜色に染まりましたので・・・そんなコトを思ったのかもしれません。いえ、何だかバタバタとお雛様を愛でるゆとりもなく動き回っていたので、ふと、ぼやいてみたかったのです・・・。今日も市役所を上へ下へ、また上へ・・・帰りにようやく目に留まった雛飾り。
大垣市役所の雛飾り