Monthly Archives: 3月 2015

夜桜

これなら花見デキル?

出る?

やっぱり寂しいライトアップ
暖かな1日でしたので、夕方には随分と桜が花開いていました。
去年よりも高く・・・木登りをして、慌ててライトを設置しましたが、根本的に光源が足りません。何かが出そう・・・出たならば・・・ライトの向きを調節している私です。
明日はライトを追加して再挑戦。乞うご期待☆

なんだか。かわいいけど。

久しぶりに訪れた父母の家で、久しぶりに猫のしょうた君とご対面。
機能の回復状況や父の希望によって、どこまでの改修をするかはわかりませんが、バリアフリー改修に備えて「現状把握の現地調査」も行ってきました。スケールに興味津々のしょうた君。
お世話係を解任されたからか、なんだか距離感が違うんだよなぁ。危険なほどの!?蜜月の日々が懐かしい・・・。なんて。
父を見舞いがてらの母や妹達とランチの最中、絵ゴコロ無いブラザーズ(私が認定)の甥が描いた私の似顔絵。
幼稚さがかわいい絵に忍ぶ観察力の高さからか、なんだか違和感を覚えるんだよなぁ。「これ何?」と尋ねる妹に、「ママもあるやん」と可愛らしく答える甥。「ほうれい線」ですか・・・。そうですか。
(2才の姪を描いた似顔絵には2本の線はありませんでした。)

咲いた!

西日を浴びて輝く会社の桜
つぼみのほころび具合を確認するのが毎朝の日課となっておりまして、今朝はつぼみだったのですが、夕方には開いていました。

今年も「ライトアップ」することになりましたので、来週あたり電気屋さんになりましょう。ご期待ください!?

べにふうき茶

花粉症だといって、ぐしゅんぐしゅん 気の毒なメンバーのために(←強調)花粉症に効果があるという「べにふうき茶」を用意しました。

一番症状の重い岡村サンに、人体実験だと称して濃厚なべにふうき茶を飲ませたら、気持ち悪くて仕事にならない。というので(やりすぎました・・・)、牛乳を用意しました。

抹茶オーレならぬ、「べにふうき茶オーレ」です。これイケますよ!社内での反応は良好。お好みに応じた量のべにふうき茶粉末をお湯で溶いて、砂糖もお好みで入れて、牛乳を注ぐだけの簡単べにふうき茶オーレ。レンジで温めれば、ホットべにふうき茶オーレ。

どんなモンか、味見してみたいという方 
会社にお越しいただければ、お出ししますよ。(←人体実験バージョンではない美味しいほうです)

べにふうき茶の成分と効果 (販売サイトより)
■メチル化カテキン(花粉症やアトピーなどのアレルギー反応を抑制)
花粉が「鼻・口・目」に入ると免疫細胞はそれをアレルゲン物質(抗原)と認識し、体内でアレルゲン物質を排除する為にIgE(免疫グロブリンE)抗体を作り、ヒスタミンやロイコトリエンなどの炎症物質を放出します。するとアレルギー反応を起こし「くしゃみ・鼻みず・鼻詰まり・眼のかゆみ」などの症状が出てしまいます。べにふうきに含まれる「メチル化カテキン」には、このIgE(免疫グロブリンE)抗体の発現と、ヒスタミンなどの炎症物質を抑制する力があり、アレルギー反応を抑制する働きがあるので、「くしゃみ・鼻みず・鼻詰まり・眼のかゆみ」などの症状が緩和されます。
■ストリクチニン(抗体の産生を抑制)
「べにふうき」にはストリクチニンというポリフェノールの一種であるタンニンが含まれ、生体内ではIgE(免疫グロブリンE)抗体のクラススイッチを抑制する働きがあります。つまりアレルギー反応は、抗原(アレルゲン)に対してIgE(免疫グロブリンE)抗体が過剰に作られるのが、大きな原因と言われているため、クラススイッチを抑制するということは、IgE(免疫グロブリンE)抗体を沢山作らないことになります。
■茶カテキン(抗酸化作用、活性酸素消去作用)
「べにふうき」に含まれる茶カテキンにより、ヒスタミンの放出が抑制され、通年性の鼻アレルギー症状が緩和されます。体内に取り込まれた茶カテキンは、肝臓で代謝される過程でその一部がメチル化カテキンに変化しますが、この代謝物による効果の可能性が示唆されています。

効きそうでしょ。

省エネ住宅ポイント

申請書類勢揃い!
工事が終わって、書類準備のできたお客様からお渡ししています。
当社だけ!?のサービスとして、お選びいただいた商品番号を記入して、押印するだけでよい状態で申請書類をご用意しています。今日は、商品選びもご一緒にしました。だって、わかりにくいんですもの・・・。

最後まで安心してお任せください!

落ち着く場所

先日まで「透木釡」でしたが、早々に「釣り釡」に変わっていました。
透木釡(すきぎかま)は羽根のついた平たい釜で、「透木」と呼ばれる木片を使って、釜の羽根で炉を覆うようにかけます。炉中の火気を室内に伝わりにくくします。釣り釡は少しの火で湯が沸くように、炉を深くし、小さな釡で釣ったものです。どちらも、春の暖かな気候に合わせて、暑くないように、暑苦しくみえないように、客をきづかう釜の工夫です。

釣り釜がかすかに揺れる風情で、のどかな春を感じます。

出入は頻繁にしているのですが、稽古したのは久しぶり(初釜ぶり?)でした。そんな私では説得力ナイですが・・・やっぱり落ち着く場所です。

黄砂?

いつの間にか・・・
ついこないだ(と言っても1週間前・・・)ピッカピカに洗ってガラコ(窓の撥水剤)までして、ボディーの傷にマジックでペイント(おっさんのようだと言われましたが)した車ですが、すっかり埃?にまみれてます。今の時期なので、黄砂でしょうか。
気象庁のデータで見る限り、昨日の中部地方はそんなに黄砂は舞っていないのですが・・・。春は黄砂・PM25・花粉・・・埃っぽい季節です。

sakura

期待感高まる蕾
暖かくなりましたね。
桜の蕾がつぼみらしく膨らんで色づいています。

お店で見た桜は咲いていました。
一足早いお花見。おもひで。
季節を感じる、場の雰囲気をつくる、いけばなの本髄かな。

なう

「歳は重ねていくものだよ」と教わった若かりし10代の頃
「おもひでは刻んでいきたい」と思う歳を重ねた今。

♯8000

小窓から情報発信
「小児救急電話相談」
全国どこでも「♯8000」で相談窓口につながって、小児科医や看護師が電話で相談にのってくれる。厚生労働省の事業です。
実施時間帯:平日18時~翌朝8時、休日8時~翌朝8時

お子さんのいるご家庭では当たり前情報でしょうか?私は知りませんでしたので、念の為お伝えしておきます。

こういう感じ(意外なトコロに文字。封筒の有効活用。)Myツボです。

見ることはできなかった「ゆうひのアトリエ」北陸自動車道の杉津SA(下り)
今日の朝食は「越前そば」 名残惜しい、いろいろ思い返しながらの今回の福井行き。
目頭が熱くなる光景。歩いてます。
父本人も家族も、送り出す病院スタッフも、いい顔してました。(写真は逆光でいい具合にプライバシー保持されてますね)
喜びにあふれたお別れのとき。
教職を離れ、「卒業式」と無縁になっていますので、なんだか久しぶりの感覚?事故の一報から一貫して冷静だった私ですが、感慨深いひととき。

暖かな春の一日。ドライブ日和でした。

今夜はお祝い!シャンパン!の気分ですが、週末にしましょう。

せっせと・・・クリアファイル

コツコツと!?
要らないハズのクリアファイルですが、増えてます。
おかげで、私のお腹まわりお肉がモタついてます。

甥二人と、岡村サンの息子にあげるつもりで、せっせとおにぎり2個買って食べてます。

しかし・・・もらって嬉しいブツなんだろうか?
今更ながら疑問が沸いてきた。
しかし・・・2才の姪が「りつ(自分の名前)も~っ」と言わないだろうか?
おにぎり2個生活 しばらく続くな。

カウントダウン

猫だらけ
11月より始まった猫のしょうた君のお世話生活もあと数日。長かったようで短かった?この間に貯まった写真500枚超の9割は猫。
猫に染まった日々でした。名残惜しいなぁ。

両親の猫なので、会えなくなるわけじゃないけれど。
私のなかでの優先順位の下落 間違いなしだから。

福祉用具

こんなん作ってみました。
「移乗ボード」かっこよく云えば「スライディングボード」

来週早々、福井から岐阜まで、父を乗せてドライブすることになりましたので、アレコレ考えてみたのです。車椅子から自動車への移乗がスムーズにいくように。抱きかかえて、回転させて・・・介助すればいいのだけれど、なるべく自分で乗り移れるように・・・(スパルタですから。)
父もいない、車椅子もない、では、使い勝手を検証できませんので、私が車椅子に乗ってやってみましたが・・・改良の余地アリ。

ショッピングセンターの車椅子をお借りしました。「お手伝いしましょうか」と店の方に声かけられました。ありがとうございます。(ちゃんとお買い物しますから。)

一応・・・福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員という資格を保有してまして、バリアフリー改修工事では、基礎的一般事項を踏まえて、個々に応じたご提案をしております。

ブラインドも進化中

立川ブラインド「スリーウェイ」
フツーの社内研修の予定でしたが、新商品の案内にやって着た営業さんが急きょ講師のブラインド勉強会になりました。
フツーのブラインドと違うのは、上は羽(スリット)を開けて光を通しつつ、下側は閉じて視線を遮ったり直接光を防いだりできるコト。上を閉じて下側だけ採光することもできちゃいます。
フツーのブラインドに比べ、羽を閉じた状態での光のモレもありません。遮蔽性が高いのです。
フツーのブラインドは羽が折れた場合修理が大変ですが、「スリーウェイ」は羽1枚だけ取り替えできるのも優れた点。まだ他にもイロイロあります。

実物サンプルはリフォームギャラリーに常設することになりましたので、ぜひ、触りにいらしてください。

何に惹かれた?

おにぎり2個買うともらえたクリアファイル
空腹でもなかったけれど(昼食代わりにおまんじゅうを食べたので)、お米が恋しくなって寄ったコンビニの、14時を過ぎた棚に並ぶおにぎりは数個。「1:タンパク質が多い 2:高くない値段」の基準で選びたくても、選べない。なか、1個買う予定だった。のに、おにぎりを2個買っちゃいました。それは、2個買うとジバにゃんのクリアファイルがもらえたから。
ジバにゃんが欲しかったわけでもなく、クリアファイルも会社にたくさんあるし・・・何に惹かれた?

考えた結果
配色に惹かれた。のかも。

ライム(黄緑)×オレンジ(橙色)
柑橘系の果物を思わせるオレンジと黄緑は「ビタミンカラー」とも呼ばれ、この二色の組み合わせは、元気さやフレッシュさを表現できます。
ライムのキーワードは「新しい 出発 再生 成長 浄化」
オレンジのキーワードは「交流 喜ぶ 楽しむ 助け合う」
こんな(どんな?)気分なんでしょうか。

比較する問題ではないが・・・それでも

東日本大震災から4年。
ひとつの命が消えても悲しいことなのに、何万もの命。多い少ないの問題ではないけれど、改めて津波の恐ろしさを思い知ります。総務庁消防庁<www.fdma.go.jp/concern/publication/…kirokushu/…/03-04.pdf‎>

惨事を忘れない事が我々にできる鎮魂ではないでしょうか。

「津波」という脅威にも成り得る水。
美しく姿を変えることもできます。Magnificent Faucet Swirls Water into Elegant Patterns 蛇口のデザインで流水が変化

現在進行形で続く福島の原発問題。
原発自体への不信も拭い去れません。

安心して暮らせる 美しい日本であってほしいです。

吹雪いて雪が線に見えてます。
冬籠りの虫が這い出た!?啓蟄もすぎた今頃、けっこうな雪 吹雪。
こんなときは出かけない!事務所に籠って窓の外の雪を眺めていましたが。「キッチンの排水が流れない。夕食が・・・明日の弁当が作れない」という電話には即反応。
見事にっ!解決してきました。お困りごとを解消した私に私が惚れ惚れ。もちろんお客様には喜んで頂けました。

今どきの、システムキッチン。収納が充実して使いやすくなったことと引き換えに、排水管はクネクネ奥に追いやられていますので油分等がヘドロ化しやすく、スムーズな排水の妨げとなります。
今回は排水管を取り外して掃除しましたが、皆様は月1の「パイプ掃除」←薬剤を流すダケ を。ぜひ!
メーカーサイトより。

※私が出動するのは、当社で工事をさせて頂いたお客様だけ。アフターサービスの一環です。

家族2

絵が幼稚なのもご愛嬌。かわいい絵日記。

無断転載デス。

春ですね

暖かな1日になりました。
放っておけない猫のしょうた君と仕事のために、せっせと通っている両親の家ですが、放っておいた畑から野菜が収穫されたようです。気がないとこんなもんです。つくしもフキノトウも。すっかり春ですね。

LINEで春を感じながら、会社で、休日しかご都合がつかないお客様のところで、お仕事してた穏やかな1日。(休日の仕事はゆっくりとした時間に包まれて、案外好きです。)

家族

仕事の用件でかかってきた父からの電話。
誕生日のお祝いを伝えると、「正月も誕生日も病院で迎えてまったわい。」というので、「病院にいなかったら、こんなにお祝いしてもらえんかったやろうで、よかったじゃん」と言っておきました。
病室では子供達がデコレーションしたケーキで妹家族主催のお誕生会が開催されています。家族っていいですね。

今日のしょうた君は男前です。
父特製キャットタワーで遊んであげました。

クリエイティブシンキング

創造的思考(クリエイティブシンキング)6つのキーワード
①まだ無いものを見つける
②なんでもヒントにする
③アイデアを育てる
④タテ・ヨコ・ナナメから見る

⑤常識にとらわれない
⑥あきらめない

カップヌードルミュージアムにて。

元宵節

元宵節(げんしょうせつ)燈籠祭 横浜中華街

元宵節は中国・台湾の祭日。春節(旧正月) から数えて15日目で、最初の満月の日。東京ビックサイトでの展示会「JAPAN SHOP」の後に寄った横浜中華街で遭遇しました。ご利益ありますように。

見目麗しき!?女性陣。ご利益ありそうでしょ。

今年は会社メンバーも一緒に研修しました。

一分で一生の信頼を勝ち取る法

「一挙手一投足意図を持ち話す」
今日のセミナーの結論です。
(NHK式7つのルール③結論は最初の15秒で言う。)

講師は元NHKキャスター スピーチ・コンサルタント矢野香さん。

握りたくなりました。マイクを。

司会ボランティア引き受けます!

弄花満香衣

掬水月在手、弄花満香衣
―水を掬(きく)すれば月手に在り、花を弄(ろう)すれば香衣に満つ

意味:大空に輝くたった一つの月も、手で水を掬えば手の中にすることができる。一本の花でも手に持って楽しめば、その香りが衣服に染み込んでくる。たった一つの真理も、みんなの手にすることができるということ。

いつでも、どこでも、見るもの、聞くもの、在るものすべてが何一つとして物事の真理から離れたものは無い。ただ私たちがそれに気づかないだけ。否、心がそこにないから、水を掬っても月に気がつかず、花を弄して衣の香りに気がつかずにいるということ。らしい。

春によく使われる語句ですが、意味が深かった。
心に留めおきたい言葉。

花は「立金花:リュウキンカ」