Monthly Archives: 6月 2015

天引き

6月~7月10日迄は天引き作業がいっぱい。

『労働基準法第24条は、賃金はその全額を支払わなければならないと定めており、原則的には、給料の天引きは認められず、賃金の全額を労働者に支払わなければなりません (全額払いの原則)。
ただし、法令で定められた税金、社会保険料といったものについては天引きすることが認められています。』

所得税は税務署との関係で会社には「源泉徴収」の義務があるらしい。
住民税は市役所から会社にお願いされている関係らしい。当たり前に「市県民税特別徴収」って名前で徴収管理を任されて(押し付けられて?)いますが。6月分だけ納付額が違って(7月からは同額)個々人の額をそれぞれの市役所からの書類を見て入力していくという、お手間作業なのです。
社会保険料の「算定基礎届」だったり、労働保険の「確定保険料申告書」だったり、提出ブツもこの時期に集中しています。

どうしても気になる「天引き」「徴収」について
給与から所得税が天引きされる源泉徴収制度は、国家総動員法、国民徴用令などが制定され、人も物も総力戦に向けて国や軍が容易に徴用できた戦時体制の、太平洋戦争勃発の前年に成立した制度。「天引き」(天が引く)って言われるのも納得です。

ラストスパート・駆け込みダッシュの得意なワタクシ改め、早々に取り掛かっております。褒めてっ。って思うのですが、総務的仕事は日の目を浴びません。

荒磯


中国黄河上流にある急流「竜門」をさかのぼることのできる鯉は竜になるという故事が由来の「登竜門」。そして、鯉が龍になる=よい兆しとして「荒磯」は吉祥模様として室町時代より愛でられています。

幕末明治期の陶工が作った香合。

云われが好きです。
落ち着いた煌びやかさが好きです。
時代を経て今に至る存在が好きです。

好きだけじゃなくて、頑張らなければっ。

おまかせ

ちゅーちゅー
種をまきました。あとはおまかせ。
にゃん子とパン太はリフォームギャラリーにおります。

満足度

お味も見た目も美味しかった
四季があって、素材があって、器があって、ひと手間あって、いろいろある日本料理が好きです。お料理に想いがある萬歳楽での食事は満足度抜群です。

昼に夜に満ち足りた一日を過ごして思う「満足」って?

辞書での「満足」
1 心にかなって不平不満のないこと。心が満ち足りること。また、そのさま。
2 十分であること。申し分のないこと。また、そのさま。
3 数学で、ある条件を満たしていること。

満足度のモノサシは自分自身のなかにあるので、同じ状況であっても「満足」するか、しないかは「私」次第。貪欲に、程々に、身の程に、「満足」を求めていきたいな。

CS(Customer Satisfaction:顧客満足度)
ES(Employee Satisfaction:従業員満足度)
世にある様々な満足度のなかでも、特に気になるこの2つ。
対象となる人の捉え方はそれぞれで、モノサシを強要(共用)することはできませんが、想像力を働かせて(相手の立場に成り代わって、思いやって)、満足度が高まるよう勤めていこう。

ジャングル スパ

本物の植物に、偽物の動物に、本物の?温泉。
本物の!滑り台。

追記:映画「テルマエ・ロマエ」でローマ皇帝の入浴シーンに使用されたシャングルスパらしい。今知りました。滑り台ではないと思う・・・・。

濃い・・・

東京へ行っておりました。
マイクスタンドを握って・・・
ハーロックマントをまとって・・・
どちらも私の趣味ではありませんが・・・エンジョイなりきってマス。意外とこーゆーノリです。

濃かったのはコレだけではなくて・・・

ビックサイトで行われていた展示会や受講したセミナーでは、モラトリアムの先が見えた私テキに濃い時間でした。毎年来ているのだけれど、受け止める私が毎年違うのでしょう。「飛躍。そのためには」という視点で脳内処理された東京出張でした。

モラトリアム:経済用語では「支払猶予」を指すらしいですが、発達心理学では青年期の、自我の確立の準備期間が長い・先延ばしにする「心理・社会的な猶予期間」のこと。※より自分らしい人生を選ぶために必要な時間として前向きに捉えています。

ちゃじ

茶事(ちゃじ) とは、茶の湯において 懐石、濃茶、薄茶をもてなす正式な茶会のこと。
お茶の稽古をしていても、「茶事」を経験することが少ないのが現実テキなところです。でも、せっかく「茶の湯」に親しんでいるので・・・お仲間とドタバタながら「茶事」を楽しんできました。

たか田八祥の茶室で、懐石をお願いして、道具は皆で持ち寄って、亭主や客は適宜入れ替わって、(時には本を見ながら)。ちゃんとした茶事の醍醐味とは異なりますが、恒例行事にしたいドタバタ茶事です。

主菓子は大垣の御菓子処つちや。菓銘「清流」

福井ドライブ・・・

14日に7ヶ月半に渡った入院生活をひとまず終えた父。改めて文字にしてみると長かったんですね・・・。過ぎてみるとあっという間です。
退院早々、福井に行くという父の運転手として同行する予定だった昨日。
行きも帰りも私は助手席でした。
父の「保険」、家族の「安心」係としてのお役目は果たした福井でした。

嘉祥の祝

今日 6月16日は「和菓子の日」らしい。

国内に疫病が蔓延した848年の6月16日に菓子や餅を神前に供え疫病の退散を祈願し、元号を「嘉祥(かじょう)」と改めたことに始まり、江戸時代には「健康と招福」を願い、この日に嘉定通宝16枚で菓子を食べる年中行事になった「嘉祥の祝」を、現代によみがえらせたのが「和菓子の日」(全国和菓子協会)

現代によみがえった感は薄いですが・・・和菓子は好きです。
干菓子 あぁ~なんと美しい・・・菓子器に描く芸術です。

感謝する日

母が用意したそんなに美味しくないお寿司で、幸福な夕食を味わった私達。美味しい料理は人を幸せにしてくれますが、そんなに美味しくない料理でも人は幸せになれます。

これから本格的に始まる自宅での生活に多少過敏になっている様子の父と母。第1子の私が生まれてから、妹が誕生するまでの3年間以来 3人で祝うのは数十年ぶりなんだな。と、ちょっぴりセンチな私。胸の内はそれぞれだったのでしょうが、命があることを、こうして笑っていられることを 喜んだ夕食。

父の退院を母と祝った、両親に感謝する日。

猫のしょうた君がいました。「数十年ぶりに3人で」は 撤回デス。

是水会月釜

6月14日大垣市郷土館
いつもよりお客様も少なく、のんびりした茶会となりましたので記念撮影タイムも。御点前デビューの方もいたので良い記念になったようです。
20代前半より着ているこの着物。いいのだろうか?いいのでしょう。若くみえる?よね。

LED電球 のび太が勉強するあかり


スイッチひとつで、勉強のあかりに切り替えができるおトクなLED電球。

廊下用は常夜灯になって、夜中にトイレに起きても安心です。浴室用は爽やかな入浴と、くつろぎの浴室をスイッチひとつで演出できます。

あかりは暮らしを豊かにします。
本格的な照明設計から、ご自分でもできるコトの伝授!まで対応しています。お声掛けくださいね。

文字くっきり光

比較実験
パナソニック新商品内覧会会場では、パナソニックお得意の実物を用いた他社比較や性能比較、私好みのPOPも満載で楽しん!?できたのですが、そのひとつが「文字くっきり光」

「文字くっきり光」とは
文字が見やすい「色温度6200K」と「明るさ」で、小さな文字もくっきり見える、読書や勉強などにおすすめのあかり。

写真の左側が電球色、右側が「文字くっきり光」
電球色は団欒のあかりですから、比較が極端ですが、違いはお分かりいただけますよね。一般的に読書や勉強に適しているといわれる昼白色と比べても「文字くっきり光」は見やすいですね。
全国の書店員が認めています(パナソニック)

住環境と健康影響

パナソニックの新商品内覧会に行ってきました。
せっかくなので、セミナーを受講しました。

「住環境と健康影響」
老齢人口増加対策のひとつとして健康寿命を延ばすことが国の財政破綻リスク低減に貢献し、住環境の質向上への期待が高い。ということで、「スマートウェルネス住宅」の産学官の取り組みが始まっています。

湿気と健康影響に関しては、WHOが「Dampness and Mould」というガイドラインを提示しています。Dampnessはジメジメした Mouldはカビ。湿気は水分なので単体では悪影響はないのですが、湿気による環境汚染が喘息や呼吸疾患に影響を与えます。

結露・カビが発生するほど、症状を有する可能性が高い。
居間・寝室両室の窓・サッシのカビが発生するほど、症状を有する可能性が高い。という調査結果もあります。

断熱と換気は住む人の健康にとって大切な要素です。
人生の6割を住宅で過ごします。

ご自宅の環境を見直して、自立して健康に暮らしたいですね。

昼めし旅

テレビ東京 月~金午前11時45分からの番組
午後1番の予定を入れていない日は自宅で昼食を摂っている最近、気に入ってしまった番組が「昼めし旅」

各地方の、商店や加工場や一般住宅や、レポータ無しだったり有だったり、あいまいな構成ながら、「あなたのご飯見せてください」と、やらせナシで出会った人々のリアルなお昼ご飯を紹介するという筋はしっかり通った番組。毎回視聴しているわけではありませんが、毎度面白い。←ケラケラ笑う面白さではなく、ゆるく?興味深い面白さ。
似た内容の番組でNHKの「サラメシ」もありますね。

勝手に「あなたのご飯見せてください」
カッペリーニ(細いパスタ)の豆苗・納豆・玉子合え 以上。
満腹満足☆

紫陽花

見守り中の紫陽花
「年いくつ?」
設備組立の手元をしている子が見るからに若いので声をかけました。
※肉食系ハンターではありません。
働き始めて1年経っていない17歳でした。
「やめたら、いかんよ。」「多少イヤなことあっても、お給料安くても、最低でも3年は辛抱しないと。」「早くから働きはじめたのなら、余計に、長く勤めれば社会が認めてくれるから。」
説教ジミたおねーさん(※オバちゃんではありません)の言葉を聞いてキラリと輝く瞳に、私が元気づけられました。

見守っているようで、頑張る姿にパワーをもらっている毎日。
いつまでもキラリと輝く瞳でいたいなぁ。

先日参加した「平成28年3月新規学校卒業予定者にかかかる求人取扱説明会並びに公正採用選考人権啓発推進員研修会」(←やたら長い・・・)での情報によると、有効求人倍率1.17(全国)に対し、岐阜県は1.47倍で全国5位に求人が多いが、求職者の6割が望む正規雇用求人は少ない。ハローワークは閑散としている・・・。高校の就職希望者は750名(西濃地区)。

しばらく見送ってきましたが、28年は新卒採用を積極的に図っていきます。もちろん、経験 もしくは やる気のある方の中途採用にも前向きです。

一緒に輝ける人 この指とまれっ。

紫陽花

下田の紫陽花
毎年6月に訪れている下田です。
毎年あじさい祭り&きんめ祭りのこの時期です。
毎年で見尽くした感・食べ尽くした感もあるのですが、まだまだでした。
今年は初めてあじさい祭のメイン会場?下田公園という小高い山に登りました。

↓道中で。初めて遭遇。↓
狩野城跡おまつりむら
道の駅が軒並み休業しているなか(平日はお休みのようです)、往来のない街道で元気に?ひっそり営業していました。
おまつり・・・お祭りではなくお祀りがぴったり・・・。

イエローだが・・・

岐阜羽島駅で見慣れない車両に遭遇しました。
見ると幸せになる!?ドクターイエローではないのは分かるけど・・・・コレはなに?

「ロングレール輸送車」
新幹線のレールは、一定期間で交換が行われます。この交換されるレールを浜松にあるレールセンターから東海道新幹線全線(東京~新大阪間)に亘って運ぶ車両が、ロングレール輸送車です。ロングレール輸送車は、200mのロングレールを最大32本積むことができ、全線に亘って交換用の新レールの運搬・古レールの回収に使用されています。編成長は280mあり、輸送車の前端・後端どちらからでもロングレールの積み込み、取り卸しができるのが特徴となっています。(日本機械保線)

今朝は停まっていなかったので、レアには違いない。「ロングレール輸送車を見るといいコトがある。」ということにしておこう。

もぐり橋

大垣市内 杭瀬川の「もぐり橋」

高知県四万十川に架かる「沈下橋」と同じですね。
大水の時には水面下に沈む欄干のない橋は、集落同士をつなぐ生活道として活用されてきました。

手前の標識に『この先もぐり橋 1t以上の車は通れません』とあったのですが、護岸整備をしていたので、既に取り壊されているものだとばかり思っていました。が、今も健在することが判った途端、渡りたくなりました。職人さん達に「落ちても助けに行かんでなァ~。」と送り出されましたが、無事通行。

この「もぐり橋」は水面下にはもぐら無さそうです。(河川の氾濫が激しかった昔はもぐったのでしょう。)大水の時もみてみたい。

追記:My相棒フィット君の全幅は1695だそうな・・・。
1.695>1.6 水没するのは橋じゃなくて、車だったかも。

駆け込み処

昨夜から違和感を感じていた左股関節。勉強もせず早く寝たのですが、今朝は「痛い」と認識するほどに進化しておりました。
私私共々(あっちの私事、こっちの私事・・・宿泊も数回)スケージュールぱんぱんの6月、もちろん仕事もあって、これはイケないと、メンテナンスの為にドック入り。治療処に駆け込みました。

前回症状が軽くなって公私の忙しさに拍車もかかり、通わずにフェードダウンしていましたが、しばらく通おう。そうしよう。

現場通いの楽しみ 道中の紫陽花。満開になるのはいつかな?

元気に楽しく!6月参りましょう。

越後獅子

1991年の日本国際切手展の切手 越後獅子をミッキー達が演じています。 1971年から10年おきに開催されてるみたい。次は2021年?

越後獅子は角兵衛獅子とも云われ、新潟を発祥とする児童が演じる大道芸で、江戸時代、角兵衛が獅子舞を創案したのが始まりらしい。児童虐待等の関係で大道芸としては衰退したが、地元の名士によりお座敷芸として復活、日本舞踊の演目や郷土芸能として今に至るようです。

さて、なぜ、そんな「越後獅子」に興味をもったかというと、日本舞踊の発表会での友人の演目が「越後獅子」だったから。私の日舞観(←どんな?)を覆す、新体操も顔負けの長いさらしのリボンを振りかざして踊る場面もあって、見どころ満載な楽しい舞でした。
素敵でした&お疲れ様でした。