Monthly Archives: 10月 2016

ハロウィンの夜の楽しみ

プロ仕様の角折り器?で角を曲げてもらった100円の焼き網

準備は整いました。今宵の楽しみ・・・・

明日 ご報告します。

ご無沙汰ぶり

「ご無沙汰ぶり」という日本語は存在せず、ご無沙汰(長い間訪問や音信をしないこと)と、久しぶり(長い日数のあったこと)が合成されている言葉ですが、「ご無沙汰ぶり」気分な再会。中学時代の友人達と食事をしました。

10年は会っていないのですが、持ってきてくれたアルバムを見ながら、つきない話。クラスは違うけれど、高校も同じなので尚の事です。振り返らないタイプ!?ですが、楽しいひとときを、また実現したいと思った夜でした。
時代を感じるスナップ写真 手前から:夏休みの実習?、文化祭の後、卒業式

懐かしい写真は、整形したと疑われても仕方のない顔をしていました。今がいい。
※整形してません。

文化5年

祖母が寂しくないように、家族の負担が軽減できるように、線香を焚いてお経をあげるシフトを組んで段取っている私の参る回数が一番少ない・・・のですが、「長帳場なので無理しない」が合言葉なので・・・m(_ _)m 
会社の休みを利用して、中学時代の友人との食事の約束に合わせて、久しぶりに行ってきました。

約束までの時間があったので、お仏壇探索をしていて感慨深かったこと。
文化5年に亡くなった先祖から、代々亡くなった年月が記録されていました。

文化5年=1809年 2016年-1809年=207年!
顔も名前も知らない人々の命が脈々と繋がってきて今の私がいるわけで、太古より続いていることなのですが、207年前からは、家の系譜として命が連なっていたことを初めて知りました。
記録に残る以前のことは分かりませんが、少なくとも207年前に亡くなった先祖から「本家」として紆余曲折、衰退を繰り返しながら今に至っているのです。
今更ながら、「家」というものを考えてしまいます。

「あなたの人生だから、思うように生きなさい」と、縛られることなく生きてきて、言うのもナンですが、先祖や家族の歩んできた歴史は語り伝えていくべきだと、思うのです。
祖母の死に際して、90になる大おじ達に幼少の思い出話等にからめて先祖の話も聞かせてもらいましたが、すっかりオトナになってからでは遅かったようです。

幼少期より認識していたなら、違う人生を歩んでいたかもしれません。

ぬか漬け

6時間程 糠に漬かった なす&えりんぎ
なすは超浅漬け。えりんぎ 美味しいよ。
20時間程 糠に漬かった なす&えりんぎ&大根
ぬか漬けを食べる為に食べた朝ごはん。大根はもっと漬けるべき。

葡萄糠床
糠臭>葡萄臭 「葡萄」と名乗れないレベル。
この糠床が落ち着いたら、もっと葡萄の絞りかすを入れよう。

糠床を管理していると、一緒に食事を楽しめる相手が欲しくなる・・・・。

糠床

ぬかどこ
糠漬けをしたくて、糠床をこしらえました。
と言っても、完成している糠床をタッパに敷き詰めただけ。
My初ぬか漬けに選ばれたのは、なす・だいこん・えりんぎ。
楽しみです。

何故ぬか漬けかというと、葡萄ぬか漬け(葡萄の絞りかすを混ぜ込む)をしたいから。
スペシャル楽しみです!

いきなりスペシャルではいけないと、1回だけ!?本来のぬか漬けをしているところ。
漬かる時間に疑問を解決しておきましょう。

糠(ぬか)って、なんでこの漢字なのかという疑問。
「康」は「庚」と「米」から成る文字で穀物の硬い殻を表し、「糠」で米の硬い殻を表しているようです。糠は玄米を精白する際に出る粉なので、納得。

おはしも?

本日、社内にけたたましく鳴り響いた警報音。
警備会社から電話はかかってくるわ。警報音は消えないわ。なんだかんだと、騒々しいなか、ふと、懐かしくなったこと。
「この警報音を聞いたのは久しぶり。学校(勤務先の避難訓練)で聞いたんだわ。」

事務所でこの話をしていて話題になった「おはし」
「おはし」とは、押さない・走らない・しゃべらない
さらに、若い世代は「おはしも」だという。
「おはしも」とは、押さない・走らない・しゃべらない・戻らない
「おかし」もあるらしい。押さない・駆けない・しゃべらない
そして、最もホットなのが「おはしもて」
押さない・走らない・しゃべらない・戻らない・低学年優先

ジェネレーションギャップを感じた避難標語。

(警報が作動した原因は誤動作でした)

例年通り・・・

建設業の許可に関わって提出しなければならない「事業年度終了報告書」
もちろん今年も提出します。←過去形ではない・・・・。
遡ってみると、毎年10月30日に提出している。
「ちゃんと期限内に提出しているんですね」とは社内の声。
当然です。今月末の仕事・・・。やらねばっ!

音符

今朝の1枚
「ちゅんちゅん」というより「ぐちゅぐちゅぐちゅ」と電線に並んで大合唱。

音符みたいでしょ♪

錦秋名古屋顔見世

歌舞伎鑑賞。夜の部。
「菅原伝授手習鑑 寺小屋」
幼い息子の命と引き換えでかつての主君への忠義を、迷わず決断する夫婦が息子の死を褒め嘆き悲しむ様・・・。涙なくしては観れない演目でした。上演頻度でベスト5に入る芝居らしい。自己犠牲をいとわない「御恩報じ」の芝居がなぜ愛されるのか。芝居で泣いた私のような観客のなかに答えはあるのだろうが、明言できない・・・。
「英執着獅子」長唄囃子連中
「品川心中」
落語の演目を歌舞伎にしたもの。悪人がいない楽しい話。
寺小屋のしんみりした気分を、幕間の弁当と、この「品川心中」が晴れ晴れしたものに変えてくれました。

力加減

使用前に破損(T_T)
ガラスのほうが中が見えて楽しいだろうと、ボトルに移すのが楽だろうと、購入した6L用のドリンクサーバー(ディスペンサー?)
蛇口を取り付ける際、力いっぱい締め付けたら・・・・ビシビシっと音がして・・・割れました。

教訓を活かして、3L用は事無きを得ました。
葡萄ジュース入りました!

まだまだたくさんの液体がありますので、どう保管すべきかな。
楽しい思案中。

楽しいてんてこ舞い

Ready go!
煮物碗 盛り付けは合格?

稽古場での茶事を取り仕切らせて頂きました。
飯以外はお料理屋さんに用意してもらったのですが、温めたり盛り付けたりするのは私。運びだすのも私。亭主兼半東その他もろもろ。ひとりで5客分を出したり引いたりしていると、相伴どころか私の口に運ぶ間もないてんてこ舞い状態でしたが、楽しかった。炊いた飯はおこげもできて、自己満足越えの出来。良かった。
お客より、もてなす側に向いてます。

お料理は、玉子屋別館玉辰楼。
用意して頂いたお献立で、「辛子とめて」とか付け忘れました。ごめんなちゃい。

住宅ストック循環支援事業

「スマイル住まいる」でもお伝えしますが・・・
住宅ストック循環支援事業が始まります!
簡単に説明すると、
エコリフォームすると最大30万円の補助金が支給される。というもの。

エコリフォームとは、真空ガラス スペーシアへ交換したり、内窓を取り付けたり、玄関ドアを断熱仕様に取り替えたりする工事。5万円以上が対象です。
このエコリフォームに合わせて行う手すり取付などのバリアフリー工事や、トイレ便器の交換にも支給されます。

(以前の省エネ住宅ポイントに近い内容ですが、今回の「住宅ストック循環支援事業」のほうがちょっと複雑。)お得な活用法をご提案しますので、お気軽にお声掛けください。

ペンケース

どうしても必要ではなかったけれど、ハンドメイドのオーダーに惹かれて制作してもらったペンケース。大きさも目分量で指定したけれど、いい感じ。革は気に入ったものを選んでいるので、当然満足。配色も素敵でしょ。
愛用のお勉強用筆記具を入れて・・・お勉強しなければ・・・。

赤のフリクションは、ゴムがべちゃべちゃして気持ち悪かったので、取り除いて本体を少し削ったMy仕様。赤は勉強した気になるので好き。
シャーペンは、芯の太さが0.9の「プレスマン」 筆圧が強い私でも芯が折れない。芯が長いので鉛筆のように芯替えフリー(な気分)で、筆記の邪魔をしない優れもの。Myベストセラー。

土鍋deご飯

土鍋deご飯 炊いてます。
土鍋deご飯 食べてます。

今日のランチは、土鍋deご飯。
事務所の皆さんはお弁当ナシで出勤してきてもらっていますので、皆で食べました。おかずは厚子サンが作ってきてくれたので、豪華なランチ。

土鍋deご飯のお味は・・・・堅め。パサパサ。土鍋の雰囲気で美味しく感じるだけで、土鍋が見えなければ、どうなんでしょう。My分析では、水加減も影響有りだけど最大の要因は、お米。美味しいお米のハズだけど24年新米ではそんなに美味しくもなれないようです。今年の新米&土鍋のペアなら最強旨いと思う。次回に期待。

パパラッチ

岐阜駅前の広場で開催された安心安全フェア
(関係ないけど・・・黄金の信長像ってどうなの?と思うのは私だけでしょうか・・・)
防犯ガラスの有効性を来場者の方々に確かめて頂いています。

長良川河畔の岐阜グランドホテルでお茶の講習会に参加していたのですが、ちょっと抜けての撮影。どっちもこっちもあっちも行けて、有意義な一日となりました。

初七日

祖母が亡くなって七日目の今日は「初七日」という仏教の法要の日らしい。
が、我々現世人の都合で、葬儀当日、焼いている間に済ませているので、今日はコレと言った行事は何もないのだ。
が、日頃は宗教に無関心な私だが、「初七日」らしく!?線香とお経をあげてきた。
うなぎまっててね。と送った葉書を持って祖母は旅立ったので、ひつまぶし付。
再就職は坊さんだな。と思うほどに調子よくお経を読んでいたが、後半は怪しかった。
が、私しかいないのでオリジナル宗派のお経でゴメンしてもらった。お経のCD買おうかな。

喪主側での葬儀は初めてだったが、親戚や集落の人達のありがたさを実感した。田舎付き合いのいい部分を身を以て知った。しばらく(49日まで)宗教色濃い私でいるつもり。

天ぷら定期券

チェーン店のはなまるうどんの「天ぷら定期券」300円也。
11月20日まで何度でも使えます。今日食べた さんまの天ぷら140円だったし、3回以上行けば行くほどお得度アップな「天ぷら定期券」
気になっていたのですが、時間がなくて・・・ようやく手にしました。ということで、しばらく私の昼食はなまるうどんの、うどんと天ぷらです。
はなまるうどん大垣店は、イオン大垣2階のフードコートにありますので、イオン内での出没頻度も大です。ヨロシク。

山葡萄

山葡萄の山

予約注文の時には、元気だったのでしょう・・・・。
勢いで頼んだ14キロ。届いた7キロ×2箱。
山葡萄と戯れる時間あるのだろうか・・・・。
心配になる程スケージュール詰まってますが。好きなことには割ける時間。

昨夜は半分の7キロ、枝から房を外して潰しました。
残りの7キロはレシピ?を変えて、今年は2ブランドにしようかな。
7キロから4本(750ml瓶)×2ブランド=8本!
楽しみだ。

何をやっている?って言う?
山葡萄ジュースを作ります。
※オトナ仕様

老若女

不定期で開催している会社女子会。
上は67、下は18。老いも若いも女だらけの会なので、だから?賑やかです。
何をおしゃべりしたのか思い出せない程、話題には事欠きません。あ、母乳ジャージャーのハナシは覚えてます。どうでもいい内容で堪能した女子会でした。

会社へ徒歩通勤している私ダケ、日本酒も頂いて大満足。
お料理も美味しく頂きました。が、写真がないので、お店がアップされた写真を勝手に拝借。
親子丼。(イクラと鮭の豪華版)
大垣市新田町 玉子屋別館

西宮硝子

商売柄!?「6-2西宮硝子」が気になった。
ガラスの硝子かと思ったら、名前の硝子(しょうこ)だった。
大垣出身の原作者大今良時のアニメ映画「聲の形」の原画パネル展で置かれていたノートには、遠方から訪れた人の感想が書かれていた。アニメの聖地?にしては、申し訳ない気もする大垣市民。「聲の形」は観ておかないと非市民かな。西宮硝子は主人公の名前だということも知らなかった。
「聲の形」展示の横はこんな感じ。
つっこみどころ満載。大垣むすびの神・・・・ありすぎて省略。

いづれも大垣市奥の細道むすびの地記念館です。

ドット模様

トラさん見守り中の漆塗りの器
シンプルだけど美しい。用の美。

手入れが大変なんだよな・・・。

グラマーには縁遠い・・・

2回目の茶杓つくり
ぽってりとした、グラマーな茶杓をイメージして作り始めたのですが、出来上がってみると、思いのほかスリムな茶杓になっていました。形は美しくて気に入っていますが、肉付きがよろしくない。作者を投影するのだろうか・・・。
焼きあがった茶碗と。
この茶碗はもう少し肉薄にしたい。結局、スリムがMy好みらしい。