Monthly Archives: 12月 2016

一日

やるべき事のオンパレードで、全て終わらないコトが分かっているので優先順位をつけまして・・・一日が、一年が終わろうとしています。
事務所をスッキリ見栄えよくしたら、春を迎えるっぽくなりました。
松と千両を活けたら、気分は迎春になりました。

目に見える結果は残せませんでしたが、与えられた自分の役割は合格点くらいは務めた一年でした。来年はもっと欲張って、役割は満点以上を狙い、自分の成果も残していきます。

出会った人々にそれぞれ感謝して終えられることを嬉しく思います。
一年ありがとうございました。

酷使

有難いことに現場が盛況で大掃除どころではないので、女性陣で大掃除をした昨日。昼食のラーメンでエネルギー補給して乗り切りましたが、今日は筋肉痛だと思います。(ありがとう)
あっちこっちのプリンターを総動員して年賀状を印刷している本日。プリンターに指令しているのは私ですが、「用紙が無い」とピーピー呼ばれ、あっちにこっちにコキ使われているのは私のようです。

会社は 本日より1月4日まで休業です。

プレゼント(自分用)

届きました。

自分用プレゼントには「AVANTI!」(進め!)革命ソング 
ブックレットを読みながら写真を眺めながら聴きたい。
いまはちょっとゆとり無いので、年末年始の楽しみ。

「Animessi」はジブリファンを公言しているジョバンニのアニメソングJAZZ版。
こちらはギャラリーのBGM用です。
聞きにいらしてください。サイフォンでコーヒー淹れますよ。

クリぼっち

2012年12月頃から使われだしたようですが、今年はすっかり市民権を得た「クリぼっち」。
24日は出勤日だったので、社内でクリぼっち向け「うどんが半額になる」のはどうですか?と勧められ&勧めましたが、却下し&却下されました。
(DVDを借りてはみたものの見る気にならず、常のつまみとワインでぼっちメシでした。)
25日は休業日だったので、会社でのびのびと!?人目が気になりがちな総務テキ仕事を片付けました。
「クリぼっち」を満喫した感たっぷり。

無知とは

ジョバンニ・ミラバッシ

イタリア生まれのイケメン天才ジャズピアニスト
フランス・ジャズ界最高の栄誉である「Victoire du Jazz」、そして、「Django d’Or」といった賞を総ナメしている。
ジャズのピアノソロ作品としては異例 欧州日本で5万枚を売り上げた。
ジャズや音楽というより、ピアノによる哲学。

世界的有名人だった。 
「素敵な演奏でした。ありがとう」←英語で言って、握手して帰ってきたけど。事前に知ってたらミーハー的に写真撮ったかな?

GIOVANNI MIRABASSI PIANO SOLO 「AVANTI !」即買決定デス。

無知でも 素敵さはわかるものなのですね。

JAZZYな夜

後藤浩二(piano)      (bass) 黒田敦司(drums)
JRが動かなくて、岐阜から名鉄で名古屋入り。大垣人になって縁が無くなった名鉄なので、久しぶり感を味わいつつ、予想外に長くなった移動時間に予定がくるい、いつものバーで駆けつけ一杯?二杯・三杯・・・いっぱい飲んで、ようやく到着したjazz inn LOVELY。すっかり縁遠くなっていたJAZZを久しぶりに堪能した夜。
ジョバンニ(piano)     (bass) 黒田敦司(drums)
「孤高の天才ジャスピアニスト」ジョバンニ・ミラバッシ(私には無名人)が来店していて飛び入り演奏。本日のソロコンサートでは4000円の人。音楽はよくわかりませんが、繊細で芸術的な音色。

そもそもJAZZとは
・オフビート(小節内の弱拍にアクセントを置く)と即興演奏が特徴的な、自由な演奏がかっこいい音楽。
・19世紀末にニューオリンズで黒人労働者たちの手で生まれた音楽。
そもそも私はよく分かっておりませんが。楽しかったJAZZYな夜

老婆心

老婆心
余計な親切心、お節介のこと 
年を取った女性が必要以上に気を遣うことから。

私も年をとりました。
元々お節介タイプ?教育者肌?ですけど。

「老婆心で言うけれど。「老婆心」は後で調べてね。」と、
その子の今後に活かされればと、祈りを込めて、老婆は言う。
老・婆 どれも良くない響き・・・他の言葉はないんだろうか。

豪華なランチ


ここのところ、お茶行事は全て欠席していましたので、着物姿も久しぶり。
豪華なランチ(茶事)を楽しんできました。

茶の格子地紋 レストランでも着たい着物。

満月の夜に

ここのところ、天体ショー(スーパームーンとかふたご座流星群とか)は雨天で見ることが出来ずちょっぴり残念でした。ニュースになれば、夜空を気にする程度なので、ほんのちょっぴりですが。帰社する際には、空を見上げて月を愛でたり、星座に詳しくないのでぼんやり星を眺めたりはしているのです。

昨夜は満月でしたね。
だからということでもないのですが、前日から無性に髪を切りたくなって、切ってきました。美容院が受け入れてくれなければ、自分で切る勢いで切りたかったので、プロにお任せできてよかった。
「私 失敗しないので。」風になりました。

満月はデトックス・浄化テキ意味合いがあるらしい。
無駄に長い髪が無くなって、気分さっぱりです。

頼もしい相棒


神戸町公民館で3週に渡って開催しました「窓の断熱相談会」も本日にて終了です。
荷物の運搬に最適と思われる4ナンバーの「バン」が、トラック達の後ろにあったので、(それらを移動させるのが面倒だったので)My相棒に積み込んできました。
4ナンバー貨物顔負け 余裕です。使用者と同じく傷だらけのボディーで見た目に難アリですが、なかなかヤルやつです。

「窓の断熱相談」はリフォームギャラリーにて、承ります。
比較実験は一見の価値ありですよ。

勉強机


車内で「お勉強する」用に購入したブツ。
試しに装着しただけ、一度も使われないまま車内に転がっております。

コーディネート!?

寒かったので軍手。(もらった販促品)
今週から着用の上着といい感じ?

2020年の東京五輪に向け活況を呈している建設業。人手不足などを背景に現場で作業する職人の懐もほのかに温かくなっている。よく見ると足元がカラフルになっており、現場には謎の食堂が出現した。自販機の飲料も現場では飛ぶように売れる。五輪経済が生み出している「ガテン消費」は奥深い。『ガテン消費躍動 建設現場から生まれる商機』11/20日経MJという記事があったが、確かに、機能だけではなく見た目も重視されはじめた作業着や安全靴。(安全靴専門店 ワークストリートより)

五輪景気は感じないものの、年内工事で人出不足な当社です。私もカラフルコーディネートで出没するでしょう。

神戸町窓の断熱相談会

神戸町公民館にて開催中。
神戸町民の方はお得にリフォームできるんです。(羨ましい大垣市民です。)
来週も開催します。12月10日(土)11日(日)10時から14時

休日めし2

「ワンポットパスタ」ともいう「山めし」な休日めし(2食目)
机の上に「ソロテーブル」を乗せて何やってんだか?ですが、本人が楽しんでますので悪しからず。
ワンポットパスタとは、お鍋ひとつで完成させてしまうパスタのこと。らしい。茹で汁を捨てず調理できるので山めしにぴったり。サラスパ、明方ハム、玉ねぎが茹で上がった頃に、プロセスチーズと粉チーズを入れて、胡椒たっぷり降って完成です。スペシャル旨い☆洗いものは鍋だけ。楽ちん☆
バーナー、カップ、ナイフ、スプーン、鍋敷、オイル(30ml)小瓶、調味料各種、マッチを収納。まだ余裕あり。ペッパーミルを入れたいな。考えよう。
※スプーンは、大きな先が譲れないので、柄の部分を鍋に合せてカットしましたよ。

自作ソロテーブル

ソロテーブル・ライトテーブル・ツーリングテーブル・・・呼び方はいろいろあるようですが、軽くて持ち運びが楽で、小さく収納できるテーブル
コンパクト! (収納時:400×100×24ミリ)
材料費100円(ゴム代)ベニヤは端材利用。

楽しかった工作。いつ使うんだろう?

休日めし

今日の昼食 インスタントの沖縄そば ピパーチたっぷり。
「山めし」の部類ですが、出かけるアテもなく・・・インドアで調理して食べました。
「フタ兼フライパン」という鍋で玉葱と明方ハムを炒めておいて、「鍋」で湯を沸かして、麺を入れて、葱を添えて、付属の調味料を入れて、完成。で、美味しかったのだけれど、しばらく飽きないくらい課題だらけ。
次回が楽しみ。明日も「山めし」決定!?

師走

12月になりました。
年の瀬は、急きたてられる気分になりますね。
そんな時節と関係してか?しないでか???ポチポチっとオーダーしたブツが続々と到着しています。楽しみだ。
半切版という大きなサイズの画仙紙、コッヘルともいうクッカー、コンパクトバーナー

※同時には使いません。