Monthly Archives: 7月 2017

チャレンジ


蕎麦食べ放題
ワクワクするのは私だけ?ではないハズだと、会社メンバーで出かけました。
蕎麦なら楽勝だと思っていましたが、意外と食べられない・・・8段にて終了です。

それでも、20代男子と並んで1番ですから、健闘したでしょ。
私に云わせれば・・・若者へなちょこすぎ。

安全運転管理


できれば、お断りしたいのですが、一応、それなりに、きちんと、「安全運転管理」をしているので、していなくても!?断る理由がなく・・・警察と指導員の訪問を受け入れました。
安全運転管理者になって、そこそこ長くなると、この類の訪問も致し方ありません。

日頃の安全運転管理状況や、備え付けている帳票等は〇をもらえたようです。
△だったのは、2点。社員の通勤車両は登録許可制で任意保険の加入確認も必要であること。個々の交通違反も会社として把握すること。小企業は口頭での確認になりがちですが、企業規模に関わらず制度化が重要です。
警察からは、若年者の中型車運転には注意するようお話がありました。ので、「ちゃんと注意しているので私が中型トラックを運転するハメ?コトになってます」話をしました。
道路交通法は変化の激しい法律なので気を付けておいてください。とのことです。

指導員は教員だった時のPTA会長さんでした。
「先生」だからちゃんとしている。と言われ、(「先生」は関係ないと思いつつ)現役の教員さん達に迷惑をかけることもなく良かったです。

安全は何よりも最優先

訪問ご指導ありがとうございました。
(記録用に西濃安全運転者管理部会さんが撮影された写真を頂いての掲載)

やあ!


朝から気になっていたのですが、しっかり対面したのは夕方、試験が終わってから。

白くまサンを気にしていたからダメだったのか、白くまサンが気になるその性格がダメなのか。落ちこぼれ振りに悩んでしまいますが、そもそも勉強量が足りないのです。
「そこそこ」何でもできてきましたが、世の中は「そこそこ」では認めてくれません。

岐阜大学に集まった受験生はかなりの数になると思うのですが、この白くまサンの存在感もハンパなくあると思うのですが、誰もお構いなしでした。

おはよう

カマキリ君とガラス越しに対面。
正式には「ハラビロカマキリ」(君といいつつ雄か雌かは不明)
お尻をあげて「威嚇」 されているらしい。ちっとも怖くないけけど。

自慢の?カマのお手入れ中。
右も左も怠りなく、かわいい。
細く長い脚で胴体を支えるにはバランスが重要のようで、かすかに感じる重みが微妙に移動する様も、かわいい。

もうちょっと遊んでいたかったけれど、飛んでいちゃいました。

平茶碗


大萱窯で作陶した平茶碗。
ロクロであっという間に形つくられ、彩色は本職さんで、造った感はないのですが、ゆったりとした穏やかな茶碗。気持ちをほっこり鎮静させる効果もありそうです。

畳の上に置いて欲しいだろうな。せめて机上を望んでいるだろうな。
デキのいい平茶碗には申し訳なく、給湯室で一服。

ホッとタウンカレッジ


岐阜市役所にて開催された「ホッとタウンカレッジ」
地域安全活動を行う方々を対象に開催されている研修会の講師として、社長の山田が講演しましたので、ついでに?聴講。防犯活動の地域リーダーを育成する岐阜市の取り組みです。

最新機器の紹介で、「遠隔操作」しました。
大垣からでも、東京からでも、海外からでも、クラウド経由で鍵の開施錠ができます。(ので、操作だけなら会場にいる必要はないのですが。)

リフォームギャラリーで展示実演しています。
安心に暮らせる方法をお伝えしていますので、お立ち寄りください。

求愛された


午後の暑い最中、ミンミンミンと鳴り響く声にさらに暑さが増すので、声の主を確かめてやろうと凝視してようやく見つけた蝉。
ミンミン鳴いているように聞こえるので「ミンミン蝉」鳴いているので雄。
蝉がこれほどまでに騒がしく鳴くのは種の保存本能 求愛行為だから。
ミンミン蝉が成虫になるのには2~4年程かかることを知ると、存分に鳴かせてあげたくなりますね。

ミンミン蝉の求愛にまんまと?勝手に!ひっかかった昼下がり。

ネックがネック・・・


ドレスコードは浴衣でも何でもオーケーということでしたので、「芸妓さんの浴衣コーデ」
浴衣に名古屋帯、足袋はいて草履。私テキには京都祇園のイメージですが・・・。

首が気になる。

涼しく抜いた衣紋がそうさせるのか?いや、「ストレートネック」ですね。

日常生活に支障のある程の頭痛で鎮痛剤も効かない日があり、命に係わる頭痛ではないと思いつつ念の為受診したらCTは血や膿のない綺麗な画像で、「ストレートネック」が頭痛の原因の可能性大という診断がくだって以来、首問題には試行錯誤しているのです。首回りの筋肉や血管・神経の解剖図を眺めてみたり、ストレッチしてみたり、枕無しで寝てみたり(継続中)・・・。長時間の勉強にも支障をきたし!?捗らず・・・。

ネックがネック

首は大切だから、物事の支障になる事柄を表す「ネック」は首が由来かと思っていたら
bottleneck(瓶の首)の略でした。障害となっている部分のことをボトルネックとも言い、瓶のサイズがどれほど大きくても、中身の流出量や速度は、狭まった首のみに制約を受けることからの連想でした。

茶事のカタチ


立礼茶事とでもいいましょうか、いや、名前や形式はありません。
人をもてなす「茶事」本来の精神のみ存在する、その心があれば、名も形も必要ないのだということを楽しんだ茶事。
婦人画報とか、高級雑誌に掲載されてもいい、超一流の道具組での、茶事の新たしいカタチ。※画像データ提供します。是非披露したい。(私が亭主ではありませんが・・・)

会場:MINOてつめい 普通なら茶事ができる環境ではありません。茶事以外にも柔軟に対応していただけます。

シマタニワタリノキ


お客様から頂いた草木 
聞いたハズの名前は無いようで、探し回った結果『シマタニワタリノキ(縞谷渡りの木)』

可愛らしい白いボンボンの花姿から「人工衛星の木」と呼ばれるものには「タニワタリノキ」「アメリカタニワタリノキ」「クマガサノキ」等があって別名なのか別品種なのかの判別すらややこしい。で、ごちゃまぜになっていますね。ちなみに「オオタニワタリ」はシダ植物です。

せっかくなのでMy判別ポイント
葉の長さ シマタニワタリノキは3cm前後 他は6~9cm
他にも細々ありますが、これがズバリでしょう。

茶花にもよさそうなので、挿し木で育てようかなぁ・・・。

単勝

亀の単勝レース
お遊びなので どーでもいいのですが、亀にとってはいい迷惑なレースですが。
私が賭けた10番は10着。というか、やる気ゼロ。ゼロ度が逆に気持ちいい?

JRAによると大正12年からあり最も歴史があるのが、1着を当てる単勝式。
気になったので・・・・
競馬は江戸末期、外国人居留地で行われたのが日本最古で、治外法権により馬券も発売されていました。日本人の日本人による競馬も行われましたが、賭博禁止令によって神社へ奉納する祭典競馬でした。
明治末期2年間程の馬券黙許時代はありましたが、大正12年(旧)競馬法が成立するまで馬券の発売はされませんでした。
だから大正12年が最古なのね 納得。

ミント・ジュレップが飲みたくなった。

ランチ付セミナー


東京ビックサイトで開催された「リフォーム産業フェア」の「ランチ付セミナー」
欧米ではこの手のランチタイムセミナーも多いそうで、日本でも、と初企画されたそうです。
「2018年インテリアトレンド・カラー予測」という内容で、講座内容もお弁当もトレンドを押さえてオシャレ。今回1番印象に残ったセミナーでした。食べ物に引き寄せられただけ?ではありません。他にも見聞きしてきましたので、今後に活かしていきます。

納豆の日

7月10日締切仕事 終了
ついでに、待ち時間でお勉強ハカドル。今頃なにやってる?感満載ですが・・・時間の有効利用ということで。
免許の更新 終了
前後1ヶ月の手続き期間切れ間近で、今日しか行く時間無いので。

残るは・・・ライフオーガナイザー認定課題の提出。
同期の皆さんは既に提出済のようですが、納豆の日なので?粘り強く???
・・・これから仕上げます。

花戦さ


この時期にわざわざ・・・DVDで観れば?というご意見もありますが、チケットが手元にあると映画館に足を運びたくなるものです。上映終了に迫られ、観てきました。

映像も音も音楽も綺麗です。茶華道という馴染みのある題材ですが、そうでない方にも十分楽しめる構成です。ほろりとして後味の良い映画でした。茶華道に精進したくなりますね。

「秀吉ギャフン!」のキャッチはちょっと違うかなぁ。(ひとりごと)

カルピス

7月7日は、誰もが知る「七夕」だが、
7月7日は、私は知らなかった「カルピスの日」でもある。
1919年7月7日に発売したことに由来し、カルピスの水玉は天の川をイメージしており、生誕98年というカルピスが飲みたくなった。のは私だけ?

マクドナルドとコラボした「マックシェーク カルピス」が発売中だというので、プチ贅沢してきた。120円(Sサイズ) あれ?天の川の青い水玉は?
店員さんに尋ねたら、品切れ だと。
期待していただけに喜び半減。美味しさ半減?とは言わないけれど。

(マクドナルドより拝借)

パッケージは大切です!

「青地に白の水玉」は1953年に「白地に青の水玉」になったんだと。へェ~。

とんぼ


事務所の中にトンボが入ってきた。
外の世界がいいだろう。と、捕まえて逃がしてあげた。

マジマジと、とんぼを見るのは久しぶり。
何とんぼなのだろう?
調べて見当をつけたのが「ノシメトンボ」の雌
トンボってたくさん種類があるのね。
「赤とんぼ」って種類はなくて、体が赤くなるトンボが赤とんぼ。
ノシメトンボも赤とんぼ。コノシメトンボも赤とんぼ。
どれも一緒にみえて ややこしい。

ところで このトンボ ノシメトンボであってるのだろうか。

筆記用具


会社では鉛筆を使っていますが、カッターで削るのも好きなのですが、便利さではシャープペンには敵いません。
シャープペンでは「くるトガ」が人気(社内調べ)で、私も持っていますが、普段使いは0.9 2B芯の「プレスマン」です。シンプル構造なので壊れません。太いので筆圧強い私でも芯は折れません。黒以外の色もあることを知り買ってみましたが、やっぱり黒がいいです。
0.9以上の太いシャープペンもあると知り、1.3を買ってみました。この太さも好きです。私のなかで0.9VS1.3 迷うところです。
1.3はマークシートに最適だそうで、ちっとも賢くならない私の頭を小手先で何とかならないものかと。来たる試験に使います。のんびりしてますが、試験まで18日だそうです。1.3の使い心地を試しにいく試験になりそう・・・。

半夏生

今日は「半夏生(はんげしょう)」という、季節の節目。
72に区切られた節目のひとつなので馴染みがなくて当然ですが、先日訪れた京都の時期前の「半夏生の庭」が心残りで?気になっていたので。今が見ごろでしょうか。

着物も夏仕様になりました。
お稽古なので横着をして「洗える」「略式」にしたら、肌にべったりまとわりついて暑くてたまりません。天然素材が一番ですね。