Monthly Archives: 6月 2020

低温調理

鶏レバー 63℃45分待ち

火は通っている。というより、殺菌がされたレア状態。(らしい)
旨い。
今宵のメニュー:鶏レバー 平茸のガーリック炒めクリームチーズ和え 
幸せ。
※旨さを攻めた低温調理は自己責任かもしれません。ガイドラインには沿っていますが。

鶏ハム 67℃ 1時間半

甘酒、ヨーグルト、ローストビーフ、ローストポーク、魚介・・・やりたいことだらけ。

(参考)
低温調理のガイドラインはないので、特定加熱食肉製品、加熱食肉製品の加工基準を代用しているようです。
『食肉の中心部の温度を63℃で30分以上加熱するか、これと同等以上の殺菌効果がある方法で加熱殺菌すること』
63℃で30分は、食中毒の主な原因菌を1千万分の1にする時間に数分の余裕を持たせた時間。
加熱温度と時間だけなく、二次汚染防止の観点から調理環境の衛生管理も大切。

今夜はしぼりたて

樹齢100年だそうです。
齢89の方がおっしゃるので、間違いないと思われます。

あまりの切迫状況に(大変ありがたいことです)久しぶりに現場へ出向いたら、ご褒美に出会えました。
酸っぱいそうですが、アルコールに混ぜるのでノープロブレム。
今夜は生絞りです。

ありがとうございます。

美濃中西部

岐阜の断層(拝借画像)

ドスンとした衝撃とグワンとした揺れが起こった昼下がり。
「岐阜県美濃中西部」が震源との報道でしたので、勝手に「美濃市」だと思っていましたが、すぐ近く 養老町が震源でした。

今回の被害は無さそうですが、日本中あちらこちらで起こっている地震は気になります。

第65回リフォームまつり


雨の中 開催しています。
新型コロナ対策は施してお待ちしているのですが、お越しいただけるか心配でした。
コロナ云々より、ご来場いただいたお客様>我々スタッフ の場面もあり、お待たせして申し訳ありませんでした。

明日も一日雨模様ですが、新型コロナに配慮した設営でお待ちしています。

料理名は・・・

「モヒンガー」もどき
モヒンガーとはミャンマーの代表的な麺料理です。汁はナマズ等の魚の身がベースとなり、ウコン、ナンプラー等で味付けされています。本場は発酵米麺を使用しますが、日本ではビーフンか素麺で代用することが多いようです。付け合わせは、ゆで卵やパクチー、汁の中にはバナナの茎も入っています。

さて、Myモヒンガーは・・・
自宅にあると思った素麺が無かったので、細いうどん。パクチーの代わりにサラダセロリ。ナマズはサバの水煮。
「モヒンガー」のモヒンガーたる所以はなんなのだろう。と、考えつつ、美味しくいただきました。

アレンジはどこまで許容されるのだろう。ミャンマー人に食わせてみたい。