大寒

小寒→大寒(2022年は1月20日~2月3日)→立春
という 季節の区切において 最も寒い期間の「大寒」が始まった日の夜。

夜中 駐車場で倒れている人を 警察に通報、救急車を手配しました。
酩酊状態で路上に倒れ、頭部から若干流血していたものの、声を発していたので そんなに心配していませんでした。警察から頂いたお礼電話で「凍死する可能性も・・・」と聞いても 大袈裟だなぁ。と軽んじていましたが、
『「凍死」で亡くなった人は、「熱中症」の2倍以上』だという。国の統計データがありました。

世知辛いご時世ですので、無用なトラブルに巻き込まれないよう 外の異変に気付いてからも、知らんぷりを決め込んでいました。とはいうものの、「寒い」と、うめき声が聞こえるので 外を覗いたのですが、人影が確認できず、いよいよ 部屋にいる場合じゃないなと、覚悟を決めて 発見に至りました。警察と消防が到着しても、誰も集まらないのは、夜中で、野次馬根性のない人ばかりだからでしょう。関わらないのが この時代の正解だと、分かっていますが、「凍死」事例が1件減って良かったと 今は思っています。

凍死 12月~2月に多い。
自宅で 暖房をつけていなかった高齢者が 危ない。
男女で見ると圧倒的に男が多く、死亡時の状態は泥酔→凍死も少なくない。

中でも 外でも 老いも 若いも 気をつけましょう。

Comments are closed.