Category Archives: 大垣

ん~・・・

浴槽を4階まで運んで据え付けたので、(そんなに重量はないのだけれど、二人で運んだのだけれど、階段しかなくて)腰が痛い。
「スマイル・住まいる」の発送準備をしたので、(軽作業なのだけれど、数が多くて)腰が痛い。
合否の結果発表の日で、インターネット上に私の受験番号が見当たらない。受かった気も落ちた気もしなかった試験だったけど、やっぱり合格がよかったなぁ。

ん~・・・仕方ない。
んっ?なくはない。ちゃんと勉強しよう。

大垣まつり

宮町の本社前 恵比寿軕
江戸時代初期に活躍した名工・左甚五郎の作という恵比寿様の頭。夜宮の後、神前で「御頭渡し」の儀式が行われ、次の町内へ引き渡され保管されます。(恵比寿やまは4町内の持ち回り軕です。)

市内道路に残る、軕を曳いた車輪の跡が大垣まつりの名残を感じさせます。
どこからの情報か定かではありませんが、2日間で22万人の人出、600の屋台・・・、たくさんの人で賑わっていました。

わたし的に気になってしまう「左甚五郎」
甚五郎作といわれる彫り物は日光東照宮の眠り猫など全国各地に100ヶ所近くあるらしく、「左甚五郎」は各地で腕をふるった工匠たちの代名詞としても使われたようです。名前の由来も左利きの甚五郎や飛騨の甚五郎などあるようですが、岐阜県民としては「飛騨の甚五郎」が、縁あって大垣の恵比寿様のお顔を作った。ということで。

大垣まつり

晴天に恵まれ始まりました 大垣まつり 1日目。
本社のある宮町の猩々軕 これから市内を巡ります。

試楽の本日は、13両のやま(軕)が八幡神社前で奉芸した後、市役所玄関前で掛芸を披露、以後昼間は自由行動です。大垣市内を巡回する軕が、どこにいるのか追跡できます。
大垣市観光協会「軕巡行位置案内」
さすが、観光に力を入れている大垣!がんばれ!

明日の本楽は西まわり。ベスト鑑賞スポットである山田ガラス本社には一番最後に各軕がやってきます。

水都旅(すいとりっぷ)2

連休初日 いかがお過ごしですか?
すっかり忘れておりました水都旅 第2弾です。

<花と食のぐるっと西美濃 スタンプラリー>
と き:~6月30日まで
ところ:西美濃 一帯
内 容:時期を変え、場所を変え、楽しませてくれる西美濃の豊かな春を体験し、花見のついでに食事もどうぞ。
主 催:西美濃広域観光推進協議会、中日本高速道路株式会社

たくましく咲く花  こんな身近なところでも春を実感。
お花目線で(地に這って)写真を撮っていたら「何されているんですか?」と、声をかけられました。会社の駐車場で、社員でよかった・・・。

飛騨地方では朝から群発地震が発生している模様。大きな揺れではないようですが、やはり気になりますね。推移を見守りましょう。

シャトルきっぷ

「大垣南高やJR大垣駅、ネットに爆破予告」
十五日午前九時ごろ、インターネット掲示板に、岐阜県大垣市の大垣南高校とJR大垣駅への爆破予告が書き込まれ・・・威力業務妨害などの疑いで調べている。(中日新聞4/16朝刊)
昨日の大垣は警察官の巡回や避難連絡等物騒だったようです。何も起こらずよかったのですが、不用な・悪意ある行為は止めていただきたい。

<注目された「大垣駅」のお得情報>
「シャトルきっぷ」という、大垣駅~京都駅、大垣駅~新大阪駅 区間限定の割引往復切符がお得です。大垣から米原までは在来線、米原から京都・大阪間は新幹線を利用するというもの。例えば「新大阪シャトルきっぷ」は1組6230円。片道3115円 お得でしょ。大垣から近畿地方に安く・早く行けるステキなシャトルきっぷ。
1ケ月前から購入できるので、大阪から来る人に送ってあげてたくらい。(購入できるのはJR東海管轄である穂積駅~醒ヶ井駅間の各駅からのみです。)

水都旅(すいとりっぷ)1

昨日まで知りませんでしたが、3月29日から、いくつものっ!企画が始まっています。
「大垣」最近ガンバッテルなぁ。観光資源が乏しいなか奮闘・・・だけどちょっとイタイ?こんな感想を抱きつつも大垣・西濃に暮らし、地域貢献できればいいなぁと思っているひとりですので、終了時期の早いものから順に紹介します。

<おくのほそ道の風景地 フォトストリート>

と き:~5月18日(日)まで
ところ:大垣市奥の細道むすびの地記念館、大垣市中心街一帯
内 容:スタンプラリーをしながら、市内各所で紹介さいれている国名勝「おくのほそ道の風景地」写真や映像を楽しんだ後には、お茶やお菓子のおもてなしが受けられる。
大垣市にいながら松尾芭蕉の奥の細道を堪能できる?歩いて回ると丁度良いウォーキングになりそうです。
主 催:おおがき芭蕉生誕370年祭推進協議会、大垣市、大垣市教育委員会、大垣市観光協会

芭蕉生誕370年って?
「月日は百代(はくたい)の過客(かかく)にして、行かふ年も又旅人也」有名な一文で始まる紀行文「奥の細道」の作者 松尾芭蕉の生誕370年が2014年 今年にあたります。伊賀上野出身の芭蕉にとって舟で桑名と直結していた大垣は全国を旅する上で便利な地だったようです。また、当時の大垣は、大垣城主戸田公の文教奨励もあり、谷木因を中心に俳諧がとても盛んでした。
余談:大垣市教育振興基本方針「ふれあい、学びあい、深めあう文教のまち大垣」にも「文教」が受け継がれています。

おがっきぃ

大垣市役所 玄関ホール
「おがっきぃと写真をとろう!!」という看板に誘われたものの、さすがに、おがっきぃとの2ショットは遠慮いたしまして「おがっきぃの写真をとろう!」と撮った1枚。朝1番の市役所が意外と空いていたので、できたこと。

市役所には介護保険がらみの住宅改修の手続きや、入札や、何かと出向いていますが、今回の用は「道路占用許可」を取るため。工事足場がどうしても敷地外、道路に出てしまう場合等に必要なものです。教科書的には『道路占用許可→道路占用者が道路管理者に 道路使用許可→施工者が警察署長に』ですが、実務的には、自治会長さんのところへ行ったり、添付図面を描いたり、占用許可書を添えて警察行ったり、エトセトラ。いろいろあるんです。

<おがっきぃ>
趣味:俳句を詠む事 好物:水まんじゅう 特技:左手で水をきれいにすることができる 頭巾の飾り:柿と市の花サツキ 松尾芭蕉をイメージ。「ゆるキャラグランプリ2013」では412位/1245位(ご当地部門)
コメントは差し控えさせていただこう・・・。

休日のご褒美

お客様のお宅へ伺った帰り、近くにある「加賀野の八幡神社の自噴水」に寄り道。大垣は至る所に自噴井戸が整備されているのですが、加賀野は「岐阜県の名水」、「水都20選」、環境省の「平成の名水百選」に選ばれているなど、知名度1番かもしれません。車にあった500mlペットボトル1本分だけ頂いてきたのですが、
日曜の午後だからでしょうか?誰もいない自噴井戸。
加賀野の自噴水 独り占めっ!
独占欲は薄いタイプですが、なんだか贅沢な1本に、にんまり満足。

水の都 大垣

滾々(こんこん)と湧き出ている自噴水。
宮町の3軒目になる解体現場もほぼ更地になり、判明した湧き出る地下水。紡績産業全盛期には枯れてしまった井戸のようで、この上に土間コンクリートが打ってありました。
「水の都 大垣」を実感。

大垣周辺の自噴帯を形成する豊富な地下水は、地下に厚く堆積した砂礫層の中に貯留されています。深度50mの帯水層を対象とする井戸は「浅掘」、深度120m以深の層から取水する井戸は「深堀」と呼ばれ、『宮町自噴水』←勝手に命名。は浅堀のようです。大垣地域の掘抜井戸による自噴地下水開発は、天明2年(1782年)に大垣岐阜町のこんにゃく屋文七によって作られたのが最初だとか。地下水学会誌Vol. 49 (2007)より。お勉強になりました。

まるごとバザール2


知多の文雄叔父さんから頂いた「働いてる証拠写真」
真空ガラス「スペーシア」のPRジャンパーを着て、説明しているのが私。結露知らず、冷暖房費削減に貢献、今お使いのサッシはそのままガラスだけの取り替え、エコガラス・・・いいガラスなんですよ。 この真空ガラス「スペーシア」 実は、山田ガラスに入社する前から、実は、発売される前から、のお知り合いで・・・・スペーシアと私との関係をお知りになりたい方は、お見積依頼してくださいっ。←強引なセールスはしませんが、興味ある方はお気軽にお声がけくださいね。スペーシア秘話!?付で、ご説明します!

叔父さん、叔母さん達が大垣に来てくださった本当の理由は、宮町の山田ガラス本社の建て替えを目前にして、今ある建物と最後のお別れのため。解体工事に向けて、家中大騒動で片付け真っ只中、私はというと、設計士や業者との打ち合わせの日々・・・施主としてではなく元請、施工業者として・・・。工事中の現場紹介コーナー作ろうかなぁ。


これも叔父さん撮影の1枚。

まるごとバザール1日目


晴天に恵まれて、開催されました「まるごとバザール」
私が陣頭指揮!荷物の搬入~搬出までがっつり関わるのは、実に数年ぶりのこと。
コロッケ、肉巻き五平餅、カキフライ、おはぎ・・・日頃の3倍は食べました。これまで当社で工事をさせて頂いたお客様や、お世話になっている方々・・・たくさんおしゃべりしました。食べて・しゃべって・楽しい1日 遊びに来ているような・・・お仕事デス。
お話させていただけるお客様がいらして、私は幸せ者です。ありがとうございました。1日居てよかった。
本日 私におつきあいしてくれた臼井サン。私がトラックを移動させている間に、要領できる事をやっていてくれたお陰で、惚れ惚れする程テキパキ素早い準備&撤去。パーフェクトです☆

明日は何を食べよう・・・どなたとお話できるかな?

大垣城 まるごとバザール中は入城料50円ですって。きれいになった展示ケースも 見に行ってくださいね。

大垣城にご登城ください


関が原の合戦の前哨戦のジオラマ展示。
なぜか煤ぼけてしまった、密閉されたガラスケースの中をきれいにするのが今日のお仕事。そのために、天板の大きなガラスを取り外さなければなりませんが、このガラス 重さ80kg ガラス職人の出番です。
ガラス本来の透明度を取り戻したガラスケースの中のジオラマ展示。
ぜひ、見に行ってください。
大垣城は年中無休にて開城しております。(←PR)

↑もっと見たくなったでしょ! 続きは大垣城で。